【Google一強状態】変化する検索エンジンの仕組み|メタキーワードやシェアのお話

よろしければこちらもご覧ください

担当するWebコンテンツを検索結果の上位に表示させ、PV上昇につなげるSEO対策が重要であることは、この記事をお読みの皆様なら十分にご認識であるかと思います。少し前までは、メタキーワードをいくつも登録するような設定が有効とされてきました。しかし、Googleは、2009年にメタキーワードは無意味なものであると公式ブログに発表しています。
※参考記事:Google does not use the keywords meta tag in web ranking

しかしながら、長年メタキーワードの登録がSEO上有効だとされていたため、今でも必要ではないかと思っている方や、設定しないことに不安を感じられる方も少なくないようです。そこで今回は、なぜ不要となったかという背景と、気になるGoogleの検索エンジンシェアについて、お話しようと思います。

 

メタキーワード(meta keywords)と役割

メタキーワード (meta keywords)とは、HTMLファイルのタグ内に記述するメタ情報の1つです。・・・

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w008_201811.html

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]