マーケティングテクノロジーは、マーケティングを難しくしたのかもしれない。

マーケティングテクノロジーは、マーケティングを難しくしたのかもしれない。
よろしければこちらもご覧ください

昔より人の意見が変わることは少なくなってきているのではないだろうか?人の意見を変えることが難しくなってきているのではないか?最近そう感じるのは私だけだろうか?

ネット検索をしても私の過去の検索履歴やクリックしたコンテンツから私が好みそうな情報が並ぶし、アマゾンでもこれまでの購入履歴から私が購入しそうな商品が並ぶ。FacebookやTwitterでも気の合った人をフォローするし友達になるから、私と意見が異なる人とつながることはあまりないし、そんな情報に接する機会さえ少ない。

このような状況になったのは、すべて情報がパーソナライズもしくはフィルタリングされているからである。

本来であれば、異なる意見を受け入れその上で私なりの考えを発展・成長させるものであるが、これらパーソナライズ・フィルタリングエンジンが私たちが変わる機会を奪いつつあるように感じるのである。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]