ハイパフォーマンスWeb "PWA"導入セミナー ~Webサイト/アプリ構築のベストプラクティスを知ろう~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

国内でも導入が少しずつ進み始めているProgressive Web Apps(PWA)。海外ではTrivago、Uber、Forbes、Twitter等導入が進んでおり、日本国内でも日経電子版で取り入れられ話題になっています。2018年の3月にはiOSでも対応が始まったことでPWAに注目が集まり始めています。今回、講師に国内最大級のUXカンファレンス「UX DAYS TOKYO」主賓の菊池 崇さんをお招きし、PWAの基礎から最新情報までご紹介したいと思います。

お申込みはこちら

https://taminc.doorkeeper.jp/events/79887

開催情報

日時:2018-10-17(水)15:00 - 17:30

場所:TAMコワーキング東京 東京都千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル1F

定員:25名

対象者

・ネイティブからWebアプリにリプレイスすることを検討している方
・ECサイト、求人サイト、予約サイト等、Webサイトのパフォーマンス改善を検討している方
・新規事業でWebサービスを検討している方
※当セミナーはWebサービスやWebサイトを運用している事業会社様が対象となります。

▼こんな疑問にお答えします

・PWAってなに?いままでのウェブサイトと何が違うの?
・いまPWAに注目が集まっている理由
・PWAのメリット、デメリット(できること、できないこと)
・PWAの導入事例/海外事例
・発注時/制作時に最低限知っておきたいポイント

セミナー内容

第一部 菊池 崇 氏(40分) 『Web構築のベストプラクティス「PWA」にいま注目が集まっている理由と海外事例』

Webアプリケーションの注目は日々増しています。その理由としてSarafiの対応が進んだことが大きな影響を与えています。
Googleが中心となって推進しているPWAの構想、メリットと移行ポイントについてご紹介いたします。また、構築にあたって絶対に考慮しなければならないパフォーマンス。90点以上の難易度の高いパフォーマンスアップのためのメソッドをご紹介いたします。

第二部 TAM 菅家 大地(20分)『PWAでどんなことができる?サンプルアプリでご紹介』

PWAによって、オフライン対応やプッシュ通知などこれまでネイティブアプリでしか実装できなかった機能がWebで提供できるようになりました。触ってみないとよくわからないことも多いと思いますので、今回のセミナー用にサンプルアプリを用意しました。実際に触って体験していただければと思います。

第三部 TAM 角谷 仁(30分)『PWA 企業担当者が発注前・制作時に知っておきたいこと』

ネイティブアプリからWebアプリへのリプレイスや、Webサービスサイトのパフォーマンス改善を検討されている企業担当者の方が外部委託するときに最低限知っておきたいことをご紹介。RFPの書き方や予算感、品質管理のポイント、必要な環境等、失敗しないためのチェックポイントを中心にお話しようと思います。

 

TAMのPWA開発サービスはこちら

https://www.tam-tam.co.jp/pwa/

 

詳しくはこちらから

https://taminc.doorkeeper.jp/events/79887

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]