マーケティングが成果に繋がっていないと感じたら、検討すべき2つのポイント

マーケティングが成果に繋がっていないと感じたら、検討すべき2つのポイント
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ご相談ベースで、個人で経営している会社やお店のWEBサイトの相談を受けることがあります。

いきなり話がそれますが、こうした相談を受けた際に、WEBサイトのことを「ホームページ」と呼ばれる方からのご相談の際には、できる限り優しい言葉使い(カタカナ横文字は出来るだけ使わずに)で説明をするように心がけています。マーケティング、特にデジタルの領域はとても横文字が多いため、それが拒絶反応につながってしまう方もいらっしゃいます。相談された方の目線に合わせるというのは心理的なハードルを下げる上でとても大事なことだと考えています。

メールで相談を受けるケースが多いのですが、WEB周りの言葉は難しいんでしょうね、「ホームページを良くしたいんです」とかなりアバウトな相談になっていることが良くあります。

また少し逸れるのですが、そんな状況のお客様でもSEOについては(言葉を知っているかは別として)なんとなく分かっていることが多いです。「Yahoo!とかで検索した際に上(上位)に表示されたいんです。」みたいな質問を合わせてされることが多いです。(それだけ多くの会社さん、なかには怪しい??会社さんがSEOを商材としている裏返しなのでしょう)

話を元に戻します。

今日はそんな「ホームページをもっと良くしたい時に何を軸にすれば良いかのお話」です。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
同義語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]