Webライティングにおける「逆ピラミッド」の秘密

 

逆ピラミッドとはライティングスタイルの一つで、もっとも大切なことから書き始めるスタイルのことです。

 

読んでもらえる確率が最も高い「文の初め」に一番大切なことを書くのは、読む側にとってユーザビリティが高く、特に忙しい読者の多いウェブライティングには欠かせないスタイルとなっています。

しかし、この逆ピラミッドが世に誕生したアメリカ南北戦争時代は、読者のためではなく「書き手のため」のスタイルだったのです。
当時、最新技術であった電報が民間と軍事用の両方に使われ、民間では特にジャーナリストにより活用されました。

この時代の電報インフラはまだまだ脆弱で、戦争中と言うこともありよく断線しました。
そのため、前線にいたジャーナリストが電報を打っている途中に断線してもいいよう、最も大切な情報を真っ先に送る、この逆ピラミッド構造のライティングスタイルを編み出したのです。

その後、インフラは整備され、
 

▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l007_201712.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

MSNbot
関連語 の「ロボット」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]