「とりあえず中国語サイトページをつくろう」という罠 ~中国における漢字表記の違い~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

前回のコラム「とりあえず中国語サイトページをつくろう」という罠~一括りにできない「中国語」~」では、いかに中国国内の言語が多様であるかをご説明しました。今回は「簡体字」と「繁体字」の違い、サイト制作における中国文化の理解の重要性をお話しいたします。

漢字表記にも2種ある中国

漢字文字だけの文化の違いで見てみると、大きく分けて中国語には「簡体字」と「繁体字」の2種類に分けられます。
「簡体字」は主に中国本土で用いられており、「门」や「东」など画数が少ない漢字が特徴です。
「繁体字」は主に台湾やマカオで用いられており、日本語の漢字表記に近く、「國」や「樓」といった画数が多い漢字が特徴です。

<当社制作による「簡体字」ページ>

簡体字

<当社制作による「繁体字」ページ>

 繁体字

そして、「訪日ビジネスを考える 訪日中国人を知る (3)~中国人は何にお金を使っているのか~」にもある通り、今中国本土からの訪日数が伸び悩み爆買いが落ち着いてしまったといわれる中、台湾からの訪日数の伸び率は未だ高いままです。
交通機関などで主に用いられている中国語表記は「簡体字」のみの場合が多いのが現状ですが、「繁体字」の重要性も今後無視できないと思われます。今後「繁体字」によるウェブサイトの需要は、より高まると考えられるでしょう。 
 

さいごに

以上の通り、中国語の文化の違いをご紹介させていただきました。ただ中国語サイトを簡体字と繁体字の違いについて知らずに作るよりも、これらの違いを理解することでよりサービスに適した翻訳、サイト制作が望めるでしょう。すなわちもっとも大切なことは、この知識を持ったうえで「そのサイトを誰に伝えたいか」「そのサイトでもたらしたいゴールは何か」をまず分析し、それに合わせた多言語化展開を施すことです。

当社では簡体字だけでなく繁体字におけるサポートはもちろん、サイトのコンサルティングからサーバー問題の解決を含めたご提案をさせていただいております。これからは、よりターゲットに応じて「簡体字」と「繁体字」を使い分けていきましょう。

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w009_201710.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]