「とりあえず中国語サイトページをつくろう」という罠 ~中国における漢字表記の違い~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

前回のコラム「とりあえず中国語サイトページをつくろう」という罠~一括りにできない「中国語」~」では、いかに中国国内の言語が多様であるかをご説明しました。今回は「簡体字」と「繁体字」の違い、サイト制作における中国文化の理解の重要性をお話しいたします。

漢字表記にも2種ある中国

漢字文字だけの文化の違いで見てみると、大きく分けて中国語には「簡体字」と「繁体字」の2種類に分けられます。
「簡体字」は主に中国本土で用いられており、「门」や「东」など画数が少ない漢字が特徴です。
「繁体字」は主に台湾やマカオで用いられており、日本語の漢字表記に近く、「國」や「樓」といった画数が多い漢字が特徴です。

<当社制作による「簡体字」ページ>

簡体字

<当社制作による「繁体字」ページ>

 繁体字

そして、「訪日ビジネスを考える 訪日中国人を知る (3)~中国人は何にお金を使っているのか~」にもある通り、

▼詳しくはこちら▼
https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w009_201710.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]