よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

ローカライズとは何でしょうか?
正しくは、Webサイトやカタログなど、あらかじめ国内の言語で作成されたツールを、海外の文化や習慣の違いに合わせて改修を行うことを指します。

たとえば、映画館で洋画をご覧になっているとき。オープニングでスクリーンに映し出されたタイトルが邦題と全く異なることにびっくりした、そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。原題では伝わりづらい表現を日本人の感覚に合わせてアレンジする―ビジネスツールのローカライズも考え方の基本は同じです。

多言語Webサイトのローカライズでは、単純にテキストを翻訳するだけでなく、何が現地のユーザーに刺さるのか、さまざまな角度から仮説を立て、施策を組み合わせて最適化を行います。その検証には本来、ユーザビリティテスト※を実施するのが望ましいのですが、近郊に在住で尚かつテストの選定基準(年齢や性別等の条件)を満たしたネイティブユーザーを一定数集め、さらに参加者と直接コミュニケーションができる進行役もコーディネートするとなると……現実的になかなかハードルが高く、頭を悩ませている企業担当者の方は(私たちも含め)非常に多いのではないでしょうか?

MS251_ahirushinbun_TP_V1

では、Webサイトが本当に正しくローカライズされているかを検証するにはどうすればよいのでしょう?

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l002_201708.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]