その「想い」は外国人にも伝わる?〜プロモーション成功のカギは愛だった〜

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プロモーションの目的はその企業や商品を顧客に好きになってもらうこと、その良さを顧客の心に届くように伝えることが大切です。その秘訣は「ラブレター」にあると言われています。しかし、その相手が外国人だったらどうでしょう。本当に伝えたい「想い」は伝わっているのでしょうか?

プロモーションを考える上で以前は「マス」に対するコミュニケーション、例えば商品名を連呼してみたり、いろいろな所で目に触れるようにするなど、より広く多くの人に知ってもらうための施策が一般的でした。
ところが昨今ではインターネットの普及と共に「個」に対するコミュニケーション、例えば特定の時間や場所でより深い関係を築く事ような施策に注目が集まり、webサイトをつかったプロモーションも重要視され、また顧客もそれを求めるようになってきています。

「個」に対して深くコミュニケーションをとるためには、まずは相手のことを良く知ること、そしてその相手が何を望んでいるのか、それをどうやって伝えるのが良いのかを考えることが重要になります。大好きな相手に自分の想いを伝え愛をカタチにする、ラブレターを書くように考えると良いと言われています。

その愛する相手が外国人だった場合、

▼詳しくはこちら▼

https://www.citrusjapan.co.jp/column/adtech/w004_201708.html
Photoelly051_TP_V

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]