【無料 10/3(火)】Adobe Analytics担当になったら知っておくべきGoogle Analyticsとの違い

本セミナーは、Adobe Analyticsを学べる場が少なく、あったとしても敷居が高いと感じている方のために、新設した無料セミナーです。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

adobeanalytics

Adobe Analytics担当になったら知っておくべきGoogle Analyticsとの違い

Adobe Analyticsを学べる場が少なく、あったとしても敷居が高いと感じている企業担当者向けの無料講座です。

Adobe Analyticsに興味関心を持たれているウェブ担当者、マーケティング担当者にオススメの内容です! ※Adobe Analyticsを利用したことのない、初心者の方対象の内容になります。

Adobe Analyticsでどんなことができるのかを知りたい方は、この機会に是非受講ください。

開催日時・会場

  • 2017年10月3日(火)16:00-17:30
  • ソフトバンク・テクノロジー会議室(東京・東新宿)
  • 参加費用:無料

 

※参加費用は無料です。

 

下記項目が一つでもあてはまる方はぜひ参加ください

  • Adobe Analyticsがどんなツールか見てみたい
  • 採用要項などにAdobe Analyticsという言葉を見かけるようになったが情報がないので知りたい
  • 自分のスキルレベルで対応できるツールなのかどうかを確認したい
  • これを機に、Adobe Analytics解析もサービスに取り入れたい
  • 自社(自分)で対応した場合の業務負荷について確認しておきたい

※同業者様のご参加はお断りをしております、ご了承ください。

※企業担当者向けの講座です。個人でのお申込みはお断りさせていただきますので、ご了承ください。

 

概要

  •  実際にAdobeAnalyticsを使用してわかったGoogle Analyticsとの違い
  •  導入メリットとデメリット
  •  Adobe Analyticsを使った分析手法の特徴とそのメリット
  •  Adobe Analyticsを使ったレポート作成のポイントとそのメリット
  •  導入前の準備/心構え/体制

※項目や内容は一部変更になる場合があります。

 

こんな方にオススメ

  • 導入済み顧客に運用対応を求められている解析士/コンサルタント/ウェブ制作ベンダー
  • 導入予定顧客から実装/運用を求められている解析士/コンサルタント/ウェブ制作ベンダー
  • 未導入顧客が導入を検討しており、相談されている解析士/コンサルタント/ウェブ制作ベンダー

※参加費用は無料です。

 

【無料】資料ダウンロード

Adobe Analytics 用語集(指標編)ダウンロード
最初につまづくであろうAdobe Analytics特有の用語を解説した
用語集(指標編)をこちらからダウンロードできます。

どれか一つでもAdobe Analyticsの運用のヒントになればと思います。

無料でダウンロード可能ですので、ぜひご活用ください。
>>資料ダウンロード

 

ブログ

担当講師のAdobe Analyticsに関するブログも弊社Webサイトで執筆しています。

■Adobe Analyticsを業務で1年使ってみてわかったこと

■Adobe Analyticsのこれ何? 指標ベースレポート

ぜひご覧ください。

 

 

 

講師

嵯峨 宗忠KAN、ウェブ解析士マスター)
saga-e1481528731963

■プロフィール
ウェブ解析の面白さに惹かれ、ウェブディレクターから1年でウェブ解析士マスターまで取得し、ウェブ解析士に転身。 
データをもとにしたウェブサイト活用の重要性をお伝えします。

最近では、Adobe Analyticsを使った業務経験を活かして、
KANオリジナルのAdobe Analytics講座を開発中。

  • 大手新聞社や大手ソフトウェア会社などのウェブ解析士企業研修
  • ここが違う! Google AnalyticsとAdobe Analytics セミナー開催実績

実務経験に基づき、初心者の方にも図などを活用してわかりやすく伝えることを心がけています。

■保有資格・参加セミナー
-ウェブ解析士マスター:2015年
-GAIQ:2015年
-宅地建物取引主任者(現宅地建物取引士):1999年
-Adobe Reports and Analytics Implementation 現在勉強中

 

主催者: 株式会社KANについて

KAN | 株式会社環 Webサイト

株式会社環(KAN)は、国内におけるWebマーケティングの先駆けとして2000年に設立。IoT時代における企業のデータ活用を支援するため、データ分析に特化した教育サービスを提供しています。Web解析事業の国内・海外における展開支援実績からBtoB、BtoC企業向けデジタルマーケティングリーダー研修、Webサイトのコンサルティング等など実践に基づく人材育成、企業支援を強みとしています。

 

※参加費用は無料です。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet8はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]