ダブル&シングルクォートと、ヒアドキュメントの使いどころ

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「ダブル&シングルクォートと、ヒアドキュメントの使いどころ」を公開しました。
みなさんこんにちは。

このコラムでは、PHP技術者認定試験(初級)の出題範囲の中から、「PHP初心者だった自分に教えたい小ネタや技術」を、全18回に渡って解説していきます。

第4回目のテーマは、『ダブル&シングルクォートと、ヒアドキュメントの使いどころ』です。

PHPのコード中で「ここからここまでが文字列です」と示す方法は3種類ありますよね。

ダブルクォート(二重引用符)
シングルクォート(一重引用符)
ヒアドキュメント

それぞれの使い方のおさらいも兼ねて、使いどころを見てみましょう。

HRphp_04_1

ダブルクォート

「”」と「”」の間に囲まれたものが、文字列として扱われます。シングルクォートよりも機能が豊富です。

<?php

print “Hello!”; // → Hello!

?>

文字列中の「’」はそのまま書きます。

<?php

print “Happy X’mas!”; // → Happy X’mas!

?>

文字列中の「”」は「\”」と書きます(「”」のエスケープ)。

エスケープ用の記号は、フォントの設定によって半角の「¥」または「\」になります。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/5337/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]