WEBサイトでユーザーを混乱させないために使えるかもしれない心理学

今回は閑話休題、簡単な心理学をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

中央の文字が「13」にも「B」にも読むことができる図があります。
また、その他にも、アヒルのようで、うさぎのような図や、トランペットを吹いているようで、女性でもあるものなど
とても混乱しやすいものがあります。

これは、人々が過去の経験などから物事を予測するために生じると言われています(Perceptual Set)。
WEBサイトに当てはめて考えてみると、ランディングページであればフォームやボタンがあることを期待しますし、ロゴがあればトップページに遷移するということをイメージするようなものでしょう。

よくあるサイト事例に沿って配置やボタンのデザインなどを構成することで、ユーザーが誤解せずに使いやすくなりそうです。

上記で紹介した画像3点は下記からご覧いただけます。
ぜひ混乱してみてください。

http://skan.in/2014/10/17/psy-perceptual-set/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]