【セミナー】PEファンドの活用法を3つの切り口から解説!「事業承継のためのPEファンド活用セミナー」12月6日より全3回開催

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年11月25日(木)
株式会社日本M&Aセンターホールディングス
株式会社日本M&Aセンター(以下、日本M&Aセンター、本社:東京都千代田区 / 代表:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)は、プライベート・エクイティ(PE)ファンドを用いた事業承継のポイントを解説する「事業承継のためのPEファンド活用セミナー」を、12月6日より全3回にわたってオンラインにて開催いたします。


■参加お申込み:https://www.nihon-ma.co.jp/page/seminar/fund-dialogue2112/
(参加費は無料です。)


自社の後継者不在によりM&Aでの第三者譲渡を検討する経営者が増加する中、その相手先としてPEファンドを検討する経営者も増えています。日本M&AセンターにおいてもPEファンドを買い手とした案件数は増加傾向にあり、サポート体制を強化しております。

今回のセミナーでは、PEファンドを用いた事業承継において多数の実績を有する日本M&Aセンターのコンサルタントと、ゲストとしてPEファンドの投資担当者様が登壇します。第1回は「社長継続編」、第2回は「内部昇格編」、第3回は「外部招聘編」をテーマに、PEファンドを活用した事業承継における3つの手法や成功させるポイントについて、実際の事例とともに対談形式でご紹介いたします。

セミナー概要

【第1回】2021年12月6日15:00~16:00
PEファンドを用いた事業承継~社長継続編~

日本成長投資アライアンス株式会社(J-GIA)パートナー、中山様をお招きし、社長は継続し支援した事例を基に対談形式で解説頂きます。

講師:日本成長投資アライアンス株式会社 パートナー 中山 淳氏


J-GIA投資委員
J-GIA入社以前は丸の内キャピタルにてPE投資業務、独立系M&Aアドバイザリーファーム、KPMG FASにおいてM&Aアドバイザリー業務に従事。約13年のPE投資経験を有する。2017年、J-GIA参画。J-GIAではプロフレックス、ホームネットへの投資を担当。丸の内キャピタル在籍時には、タカラトミー、成城石井、山本製作所への投資を担当。

講師:日本M&Aセンター 特務推進部 シニアディールマネージャー 萩原 駿也


2018年に日本M&Aセンターに入社。以後、10件以上の中堅・中小企業のM&Aを支援。製造業、人材業、不動産業、運送業、建築・土木、サービス業等幅広い業種のM&Aを支援。現在はPEファンドによるBuyout、ロールアップ、EXIT等、ファンドを主体としたM&A実行支援を手掛ける。それ以前はリクルート、竹中工務店にて法人顧客へのコンサルティング営業や都内の商業ビル・教会建築等に従事。


【第2回】2022年1月21日(金) 15:00~16:00
PEファンドを用いた事業承継~内部昇格編~

日本グロース・キャピタル株式会社(GCJ)パートナー、三宅様をお招きし、内部で社長に昇格させ、支援した事例を基に対談形式で解説頂きます。

講師:日本グロース・キャピタル株式会社 パートナー 三宅 悠 氏


2005年国内ITベンチャー企業入社。オンラインマーケティングサービスの企画・営業・プロモーション業務に従事。2013年株式会社リバーサイド・パートナーズ入社。オリジネーション部にて、国内外のバイアウト投資に係るM&A機会の創出と実行業務を手掛ける。2017年11月にACA株式会社に入社後、2019年1月、日本グロース・キャピタル株式会社立ち上げに参画。

講師:日本M&Aセンター 特務推進部 課長 長谷 智久


2017年に日本M&Aセンターに入社。以後、20件近い中堅・中小企業のM&Aを支援。製造業、商社、外食、運送業、建築・土木、サービス業等幅広い業種のM&Aを支援。現在はPEファンドによるBuyout、ロールアップ、EXIT等、ファンドを主体としたM&A実行支援を手掛ける。それ以前は東証一部上場の人材紹介会社にて自動車業界担当としてヘッドハンティングに従事。


【第3回】 2022年2月25日(金) 15:00~16:00
PEファンドを用いた事業承継~外部招聘編~
日本協創投資株式会社ヴァイス・プレジデント、中山様をお招きし、経営人材を外部招聘し支援した事例を基に対談形式で解説頂きます。

講師:日本協創投資株式会社 ヴァイス・プレジデント 中山 知彌 氏


公認会計士試験合格。大和証券にて法人•個人営業を担当後、あずさ監査法人にて金融機関等に対する法定監査や内部統制アドバイザリー業務に従事。KPMG FASに転籍し、M&Aアドバイザリー業務、バリュエーション(M&Aに関連した取引目的の評価や、滅損判定•無形資産評価等の会計目的の評価)、モデリング業務等に従事。日本協創投資ではヴァイス・プレジデントとして、金城重機、コンプリート・サークル、フラット電子、コメール/キューズダイニングヘの投資を担当。

講師:日本M&Aセンター 特務推進部 副部長 宮森 智基


2014年に日本M&Aセンターに入社。以後、30件以上の中堅・中小企業のM&Aを支援。製造業、商社、スポーツ・レジャー、WEBメディア、建築・土木、サービス業等幅広い業種のM&Aを支援。現在はPEファンドによるBuyout、ロールアップ、EXIT等、ファンドを主体としたM&A実行支援を手掛ける。
それ以前はりそな銀行にて企業成長に向けた設備投資へのサポートや、M&A資金のアレンジ、オーナー企業への事業承継に関するコンサルティング等に従事。前職在職中に税理士科目の資格を取得。

※登壇者は都合により変更になる場合がございますので予めご了承ください。


日程および会場
本セミナーは全3回ともライブ配信となります。
【第1回】2021年12月6日(月) 15:00~16:00
【第2回】2022年1月21日(金) 15:00~16:00
【第3回】2022年2月25日(金) 15:00~16:00

お申込み
https://www.nihon-ma.co.jp/page/seminar/fund-dialogue2112/

【株式会社日本M&Aセンター】
株式会社日本M&Aセンターは、2021年4月に創業30周年を迎えました。M&A仲介業のリーディングカンパニーとして、「M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献する」ことを企業理念とし、創業以来累計7,000件を超えるM&A支援実績を有しています。会計事務所・地域金融機関・メガバンク・証券会社との連携も深めており、事業承継やM&Aに関する相談機会の創出を加速し、マッチングを強化しています。国内7拠点、海外5拠点(日本M&Aセンターホールディングスの現地法人含む)を構えています。

◆M&A成約件数のギネス世界記録™ 認定◆
正式記録名 「M&Aフィナンシャルアドバイザリー業務の最多取り扱い企業」
(対象年度2020年、取扱件数783件)


【本件に関するお問い合わせ先】 
株式会社日本M&Aセンター 広報担当 pr@nihon-ma.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]