就活生の約6割が「入社後にマイナスギャップを感じた」と回答。企業選びはSNSや口コミを重視?【ナイル調べ】

就職活動における情報収集の方法を調査。社員のリアルな声が求められている?

ナイルは、就活における企業リサーチ行動調査を実施した。企業選びの方法や参考になった情報について、2023、24年に就職活動をした499名を対象に聞いている。

就活の企業選び、「SNS」や「口コミサイト」の利用が多い

就職活動をする際に、企業選び、企業探しに使用したもの

まず、就職活動をする際の企業選びに利用したものを聞くと、「就活サイト(58.5%)」「就活関連情報Webサイト(50.5%)」が上位2つとなり、ついで「SNS」が41.3%となった。

1つの企業について深く情報収集する際に使用したもの

また、1つの企業について深く調べる際に利用したものを聞くと、1位は「就活サイト(49.2%)」、2位「就活口コミサイト(46.3%)」、3位「検索エンジン(34.1%)」の順に。企業の「採用サイト」は27.7%となった。

企業研究をする上で参考になった情報

企業研究をする上で役に立った情報としては、1位「社員/元社員の口コミ(40.7%)」、2位「社員インタビュー記事(36.7%)」となり、実際に働いている社員のリアルな声が求められていることがわかった。

約6割の人が「入社後にマイナスギャップを感じた」

入社後、リサーチした企業イメージとのマイナスギャップはあったか

実際に入社した後、リサーチした企業イメージとのギャップがあったかを聞くと、63.1%の人が「マイナスギャップを感じた」と回答した。

マイナスギャップを埋めるために欲しかった情報

マイナスギャップを感じたと答えた人に対し、ギャップを埋めるためにどのような情報が欲しかったかを聞くと、「社員/元社員の口コミ」が45.1%で最も多かった。また、3位に「中途採用向けコンテンツ」が入っており、採用サイトの重要性がうかがえた。

調査概要

  • 【調査期間】2024年4月24日~5月1日
  • 【調査方法】インターネット調査(Fastask利用)
  • 【調査対象】23、24年に就職活動をした全国男女499名
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]