○○秒以内に答えられたアンケートは不正回答の可能性が高い! 自由回答・SAマトリクスそれぞれで検証【ネオマーケティング調べ】

ネオマーケティングが、「不正回答の自動排除を促進し、アンケートの精度を高める」ための取り組みを実施。

生活者を中心にしたマーケティング支援事業を提供するネオマーケティングは、「アンケートの回答時間と不正回答の関連性」に関する調査を実施した。20歳~69歳の男女1,000名が回答している。

不正回答の定義
  • 自由回答形式:意味のなさない文字列、悪口、設問の回答になっていない文字列
  • マトリクス形式:ストレート回答(オール1.オール5等)

自由回答は5秒、SAマトリクスは1.7秒以下だと不正回答が多い?

自由回答 不正回答割合

まず、自由回答形式の回答時間についてみると、全不正回答のうち90%が「19秒以内」の回答に集約されていた。また、全体の50%は7.25秒以内、25%は5秒以内の回答となった。

マトリクス形式(複数回答)不正回答割合

マトリクス形式(複数回答)では、不正回答全体の90%が47秒以内、50%が14秒以内の回答に集約。本アンケートでは4問分の設問があったため、1項目あたり3.5秒以内の回答は不正回答の可能性が高いことがわかった。

マトリクス形式(単一回答)不正回答割合

また、マトリクス形式(単一回答)では、全体の90%が20秒以内、50%が8秒以内の回答に集中。こちらも同様に、1項目あたり2秒以内の回答は不正である可能性が高いと考えられる。

マトリクス形式(5段階SA)(単一回答)不正回答割合

5段階のSAマトリクス形式(単一回答)では、全体の90%が27秒以内、50%が17秒以内の回答に集約。設問は10問分だったので、1項目あたり1.7秒以内の回答は不正回答の可能性が高いことがわかった。

調査概要

  • 【調査方法】ネオマーケティングが運営するアンケートシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
  • 【調査対象】全国の20歳以上69歳以下の男女
  • 【有効回答数】1,000名 
  • 【調査実施日】2024年1月30日(火)~2024年2月1日(木)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]