どうなる日本市場? 2030年には「食品+飲料+酒類」の市場規模が8.4%縮小する予測【インテージ調べ】

人口減少・少子高齢化がますます加速。飲食関連市場の縮小が深刻。

インテージは、「2030年における食品+飲料+酒類の市場規模」を予測・分析した。

2030年までに人口は5.4%減、飲食関連市場は8.4%縮小

15~79歳の人口(万人)
「国勢調査+国立社会保障・人口問題研究所」の数値をもとに推計

まず、国内の消費を主に支える15~79歳の人口推移を見ると、2030年には9,213万人まで減少すると予測された。対22年比で94.6%と、5.4%縮小の見込みだ。

食品+飲料+酒類の市場規模(兆円)

続いて、「食品+飲料+酒類」の市場規模を見ると、2030年は対22年比で91.6%と、8.4%縮小する予測となった。特に「酒類」「乳飲料」「嗜好飲料」の減少が顕著であり、逆に影響が小さいのは、サプリメントなどを含む「健康食品」のみだった。また、「清涼飲料」と「嗜好品(菓子、栄養バランス食品、ヨーグルト、アイスクリームなど)」は人口と同程度の減少となった。

調査概要

  • 【調査方法】消費者パネルSCI(全国の15~79歳の男女5万人から、JANコードが付与されている消費財の購入履歴を収集)の2012~22年データをもとに、ベイズ型コーホート分析によって市場規模を予測。
上図の4ステップで予測
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]