ウェブサイト改善ツール「dejam」に離脱した箇所を特定するヒートマップ分析機能搭載

LeanGo、ユーザーがどこで離脱しているか直感的に把握可能、サイトの課題特定が容易に

ウェブサイト改善ツールを展開するLeanGo(リーンゴー)は、同社の同ツール「dejam(デジャム)」の機能を強化し、ウェブサイトからユーザーが離脱した箇所を特定するヒートマップ分析機能を搭載した、と12月25日発表した。ユーザーがどこで離脱しているか直感的に把握でき、ウェブサイトの課題特定が容易に可能になった。

ヒートマップを活用すると、ユーザーのウェブサイト上での動きが可視化でき、改善に向けた分析が可能。dejamには「クリックヒートマップ」「クリックイベント」「熟読ヒートマップ」「滞在ヒートマップ」があったが今回、ユーザーの離脱箇所を示す「離脱ヒートマップ」を追加した。ウェブ担当者は問題箇所が分かる。

dejamはランディングページ最適化(LPO)ツールで、URLを入力して質問に答えると改善策を提案。改善案はノーコードで反映でき、自動解析データから一層のLPOにつなげられる。ヒートマップ分析、ポップアップ・ウェブ接客、ABテスト、競合の自動分析機能もある。業種・業態に関わらず多くの企業が利用しているという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]