2023年上半期の残業時間は「22.76時間/月」で過去最少を更新。最も残業が多い業界は?【OpenWork調べ】

日本の平均残業時間は減少傾向。最も減少した業界は「不動産・建設」。

「OpenWork」を運営するオープンワークは、「『日本の残業時間』定点観測データ 2023年4-9月」を発表した。社員・元社員がOpenWorkに投稿した「残業時間」を四半期ごとに集計し、公開している。

日本の平均残業時間、過去最も少ない「22時間/月」に到達

日本の残業時間 定点観測

調査によると、2023年上半期の平均残業時間は、4-6月で「23.43時間/月」、7-9月で「22.76時間/月」と減少傾向。今期は2014年の集計開始以来最も少ない残業時間となった。

【業界別】残業時間 定点観測

業界別に見ると、残業時間が最も多かった業界は「コンサルティング」。前四半期(2023年4-6月)と比べ最も増加した業界は「マスコミ・広告(32.94 時間/月)」で、「金融」「IT・通信・インターネット」でも1時間程度の増加が見られた。

一方で、最も減少した業界は「不動産・建設(30.50時間/月)」、ついで「行政機関、社団法人、学校法人(21.62時間/月)」「サービス、小売、外食(20.02時間/月)」となった。

調査概要

  • 【調査概要】OpenWorkに2014年以降に投稿された会社評価レポートを対象としている。集計結果は小数点第3位を四捨五入し、小数点第2位まで表記。
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]