飲食店の情報収集、約7割が「SNS」を利用。待ち時間や混雑状況などの“正直レビュー”がカギ?【Lemon8調べ】

グルメ情報は「SNS」を見る人が67%、「グルメサイト」は11%にとどまる。

ライフスタイル共有アプリ「Lemon8(レモンエイト)」は、「お店選びに関するアンケート調査」を実施した。Z世代・ミレニアル世代の男女1,022人を対象に、グルメ口コミの最新事情を調べている。

飲食店の情報収集は「SNS派」67%「グルメサイト派」11%

普段どうやって飲食店の情報を収集していますか?

まず、普段どのようにグルメ店の情報を収集しているかを聞くと、「SNS」が67%で圧倒的に多く、ついで「グルメサイト」11%、「検索エンジン」9%となった。

SNSで飲食店の情報収集をする際の困りごとは何ですか?

SNSでお店探しをするときの困りごととしては「行列情報や混雑状況などの情報がわからない」が最多に。「褒めているレビューばかりで、信頼できる情報が少ない」「店員さんの態度やお店の雰囲気などが判断できない」などの“リアルな情報”を求める声も見られた。

飲食店の口コミに「正直レビュー」が載っていてほしいと思いますか?/どんな「正直レビュー」が載っていてほしいですか?

また、98%の人が「グルメ店の口コミに『正直レビュー』が載っていてほしい」と回答。具体的な項目としては、「行列に並ぶ時間、整理券情報」や「席数・混雑状況」などを知りたいと思う人が多かった。

調査概要

  • 【調査対象】18歳~35歳の男女
  • 【調査期間】2023年10月12日(木)~10月16日(月)
  • 【回答者数】1,022名
  • 【実施手法】Lemon8内でアンケート調査
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーテスト
Webサイトやソフトウェア、製品などの使いやすさ、使い勝手を実際にユーザーに試し ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]