残業に対するイメージ、「絶対したくない」という人は21.3%。一方で「残業するためダラダラ仕事する人がいる」は驚異の○○%!?【識学調べ】

残業したい理由、業務量ではなく「生活が苦しい」「収入が増える」などの声が多め。

識学(しきがく)は、「残業」に関する調査結果を発表した。全国の従業員数10名以上の企業に勤める20歳~59歳の会社員300人が回答している。

残業に対してはポジティブ/ネガティブな解釈双方があり

まず「あなたは残業をしたいですか」と聞くと、「残業は絶対したくない」21.3%、「どちらかというと残業はしたくない」56.3%と“残業したくない”派は77.7%。一方「どちらかと言えば残業したい」16.7%、「できれば残業したい」5.7%と、“残業したい”派も22.3%存在した。

“残業したい”と回答した理由を聞くと「仕事が多い」「ノルマを達成したい」といった業務的な理由より、「残業代なしでは生活が苦しいから」「お給料が増えるから」といった金銭的な理由が多かった。

あなたは残業をしたいですか

次に「あなたの会社には、残業するために“ダラダラ仕事をする人”はいますか」と聞くと、「いる」49.7%、「いない」50.3%と奇麗に半々に分かれた。見る人の主観だが“ダラダラしていると見える人”は少なくないようだ。

また「“残業している人の方が実は稼いでいるのでは?”と思うことはありますか」と聞くと、「そう思う」25.0%、「まあまあそう思う」40.7%と、7割近くが残業者は稼いでいると感じていた。

“残業している人の方が実は稼いでいるのでは?”と思うことはありますか

残業に対してはポジティブ/ネガティブな解釈双方が有り得るが、「あなたの会社ではどのような評価がされていると思いますか」と聞くと、「残業の有無では評価されていないと思う」66.0%ともっとも多い一方、「残業している人の方が評価されていると思う」21.0%が、「残業しない人の方が評価されていると思う」13.0%を上回った。一方で「残業について、あなたご自身は、また会社はどう思っていますか」という質問では、どちらも「嫌だ」が最多だった。

あなたの会社では残業することに対し、どのような評価がされていると思いますか
残業について、あなたご自身は、また会社はどう思っていますか

調査概要

  • 【調査対象】全国の従業員数10名以上の企業に勤める20歳~59歳の会社員
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2023年6月5日
  • 【有効回答数】300人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]