対話型AIサービスの市場規模、2027年度には約6,905億円まで急拡大する予測【シード・プランニング調べ】

ChatGPTなどに代表される対話型AI市場、今後も急激に発展する予測。

シード・プランニングは、「対話AIサービスの現状と将来展望」に関する調査結果を発表した。国内外の対話型AIの市場動向を調査し、2027年までの国内市場の市場規模を予測している。

対話AIサービス市場、2027年度には約6,905億円まで急拡大か

対話AIサービスの市場規模(2023年度~2027年度)

調査によると、ChatGPTなどの大規模言語モデル(LLM)を使用した対話AIサービスの市場規模は、2023年度には約140億円、2027年度には約6,905億円にまで発展すると推測された。

OpenAIが開発したGPTに代表される大規模言語モデルは、ビジネス活動や日常生活を省力化・自動化するサービスとして、驚くべきスピードで発展していく可能性が指摘されている。

調査概要

  • 【調査対象】合計252社、うち国内企業139社(144サービス)米国・グローバル企業113社(113サービス)
  • 【調査方法】
    ①ネットリサーチによる公開情報収集(企業ウェブサイト、プレスリリース等)
    ②リサーチ結果に基づくセグメント分析、リスク分析、将来発展シナリオの分析
    ③将来発展シナリオに基づく対話AIサービス市場の市場規模予測(ビジネス形態別)
    ④対話AI、コンテンツ、SIerについて詳しい有識者へのヒアリング
  • 【調査期間】2023年4月~5月
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]