IPAが「情報処理安全確保支援士試験」の概要発表、既存試験の一部は新制度へ

支援士試験は現在実施している国家試験「情報処理技術者試験」のSC試験をベースに実施

IT施策を支える情報処理推進機構(IPA)は、国家資格となる情報処理安全確保支援士制度の創設を踏まえ、情報処理安全確保支援士と現行の情報処理技術者試験「情報セキュリティスペシャリスト試験(SC試験)」の位置付け、試験実施予定などについて6月27日、公表した。情報処理安全確保支援士制度は、情報セキュリティの専門的な知識・技能を有する専門人材を登録・公表し、支援士試験は現在実施している国家試験「情報処理技術者試験」のSC試験の内容をベースに実施する。

情報処理安全確保支援士制度の実施により、これまで情報処理技術者試験制度の枠組みで実施していたSC試験は廃止し、支援士試験制度の中で実施することになる。既存のSC試験は2016年10月の実施をもって終了し、2017年4月より支援士試験として実施する(既存のSC試験と支援士試験のレベルは同等の位置付け)。支援士となる資格を有する者は「過去の試験区分(情報セキュリティアドミニストレータ試験[SU]、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)試験[SV])の合格者」「SC試験合格者」「支援士試験を受験し合格した者」となる予定。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

汎用JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。 「ドメ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]