グーグルがモバイルページ高速化「AMP」に対応した検索をモバイル「Google」で開始

まず13サイトでスタート、従来の4倍の速度で瞬時に表示、データ量も約10分の1に抑制
よろしければこちらもご覧ください

グーグルは、モバイルページを高速化する仕組み「AMP(Accelerated Mobile Pages)」に対応したウェブページ検索サービスをモバイル「Google」で2月25日に始めた、と同日発表した。検索キーワードと関連がある場合に検索結果に表示され、その日のトピックをモバイル端末で検索した際、検索結果内の「トップニュース」にAMP対応のページが示される。コンテンツが素早く掲示され、画面調整の必要もなく、記事画面を左右にスワイプすると次の記事に移動できる。

AMPを利用するウェブページは従来の4倍の速度で表示され、大半のページが瞬時に現れる。データ量も約10分の1に抑えられる。同日までに「朝日新聞」「映画.com」「zakzak」「THE PAGE」「産経ニュース」「SankeiBiz」「SANSPO.COM」「シネマトゥディ」「日刊スポーツ」「BLOGOS」「毎日新聞」「マイナビニュース」「レスポンス」の13サイトがAMPに対応した。モバイルインターネットの高速化の取り組みとして2015年10月からAMPのプロジェクトを進めてきた。

プロジェクトは、モバイルインターネットがスピード面でユーザーの期待に応えられていない、と考えて始めた。多くのユーザーはコンテンツの表示に3秒以上かかると閲覧をやめてしまうといい、表示速度の遅さはコンテンツ提供側にも大きな課題だった。今後、ニュース以外の幅広い分野の参加を求める。アドビシステムズもAMPを支援し、サイト分析ソリューション「Adobe Analytics」を対応させた。既存のウェブ計測データとAMPに関わるデータとを結び付けられる。

グーグル
http://www.google.co.jp/

アドビシステムズ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス