電通と日本オラクルが協業、基幹システム内データをマーケティング活用につなげる支援プログラムを提供

マーケティング領域をデジタル化することで、事業や業務プロセスの革新をサポート
よろしければこちらもご覧ください

電通とITソリューションの日本オラクルは、協業して企業の基幹システムに蓄積した顧客情報などのデータをマーケティング活用につなげる「デジタル・トランスフォーメーション支援プログラム」を構築し、提供を開始した、と11月11日発表した。システムや業務、組織などを横断してマーケティング領域をデジタル化することで、事業や業務プロセスの革新をサポートする。

デジタル・トランスフォーメーション支援プログラムでは、国内外で企業のデータを管理する基幹システム分野で実績のある日本オラクルとマーケティング知見を持つ電通が協業することで、最先端技術とマーケティング・デザインの両面からのアプローチを一体化した。最適な顧客体験を実現するシナリオを基に、チャネル(顧客接点)、システム、データ、業務の各レベルでプロセスを整理し直し、すべての要素を効果的にデジタル化して連携する設計を支援する。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

デジタル・トランスフォーメーション支援プログラムについて
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1111-008452.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]