不正アクセスによる情報漏えいやなりすましによる不正ログイン事件が引き続き発生

IIJのレポート「Internet Infrastructure Review」Vol.27、1~3月の出来事を解説

インターネット接続サービスのインターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットの基盤技術に関する最新動向やセキュリティ情報を紹介する技術レポート「Internet Infrastructure Review(IIR)」のVol.27を5月27日発行した、と同日発表した。1~3月の3ヵ月に発生した事件・出来事とセキュリティ関連の着目する事象を解説している。不正アクセスによる情報漏えい事件や、なりすましによる不正ログイン事件が引き続き発生していて、金銭的な被害が出ているケースもいくつかあった。

事件・出来事では、脆弱(ぜいじゃく)性を持ったホームルーターを狙った攻撃も継続的に起きている。PCにプリインストールされていたソフトで自己署名証明書を使ってユーザの通信を傍受していたことなどの問題も指摘された。Vol.27では情報漏えいに相当する働きをする悪質なプログラムについて、ダウンロードさせる具体例と対策を紹介した。迷惑メールは減少傾向にあるものの巧妙性や危険度は高まり、被害が拡大していることから、メール関連セキュリティ技術の近況についても取り上げた。

インターネットイニシアティブ
http://www.iij.ad.jp/

Internet Infrastructure Review
http://www.iij.ad.jp/company/development/report/iir/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]