トレンドマイクロ、セキュリティ報告「2014年第2四半期セキュリティラウンドアップ」公開

正規サービス提供元に対する攻撃を数多く確認、ログインアカウントを不正に乗っ取る行為も
よろしければこちらもご覧ください

セキュリティソフト・サービスのトレンドマイクロは、日本と海外のセキュリティ動向を分析した報告書「2014年第2四半期(4~6月)セキュリティラウンドアップ:狙われるインターネットの根幹、問われる企業の信頼」を8月19日にウェブサイトで公開した、と同日発表した。正規サービスの提供元に対する攻撃を数多く確認し、ECサイトやSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などのウェブサービスのログインアカウントを不正に乗っ取る行為が目立った。オンラインバンキングの情報を狙う不正プログラムの国内検出数が、初めて世界1位になった。

第2四半期はウェブサービスのログインアカウントの不正侵害が60万件を超えた。トレンドマイクロが集計を始めた2013年第1四半期(1~3月)以降で最も大規模で、前四半期(2014年1~3月)の10倍。個人情報の漏えいや換金性の高いポイント窃取などの被害につながる。詐欺を目的にしたなりすましメッセージが送られた事例も確認された。オンラインバンキングの不正プログラムは、感染すると金融機関の正規サイトにアクセスしていても、偽の画面が表示されて情報窃取を試みる。クレジットカード情報を狙うプログラムもあり、検出数が急増している。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/jp/

2014年第2四半期セキュリティラウンドアップ
http://www.trendmicro.co.jp/jp/security-intelligence/sr/sr-2014q2/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]