はてな、フリークアウトと共同でアドベリフィケーション機能「BrandSafeはてな」開発

フリークアウトのDSP「FreakOut」に搭載、不適切なサイトへの広告出稿をコントロール
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルブックマークやブログサービスを展開するはてなは、マーケティングプラットフォーム開発・販売のフリークアウトと共同で、アドベリフィケーション機能「BrandSafeはてな」を開発した、と8月19日発表した。フリークアウトが提供するRTB(リアルタイム入札)対応DSP(デマンドサイドプラットフォーム)「FreakOut」に搭載し、「BrandSafe はてな for FreakOut」として同日サービスを始めた。

アドベリフィケーションは、広告がブランド価値を損なうサイトに配信されていないか検証することを意味する。BrandSafeはてなは、はてなが運営するソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」で使用しているエンジンを基に開発したサイト判定アルゴリズムを使い、不適切なサイトへの広告出稿をコントロールする。ユーザー投稿も考慮してリアルタイムに広告配信先サイトを判定する。

はてな
http://hatenacorp.jp/

フリークアウト
https://www.fout.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]