デジタルステージ、ウェブサイト制作のオンラインサービス「BiND Cloud」正式版開始

初年度無料など3コースを展開、サイト作成ソフト「BiND」の機能をオンラインで提供

ソフト開発・販売のデジタルステージは、ブラウザ上で容易にウェブサイトが制作できるオンラインサービス「BiND Cloud(バインド・クラウド)」の正式版を8月19日に始めた、と同日発表した。エントリー、プロ、ビジネスの3コースを展開する。BiND Cloudは、同社が販売しているウェブサイト作成ソフト「BiND(バインド)」の機能をオンラインで提供するサービスとなる。新規契約者向けに料金を割り引くキャンペーンも12月25日まで実施する。

エントリーコースはショッピングカート機能、日本語ウェブフォントをはじめBiNDの基本機能をほぼ網羅した。プロコースは独自ドメイン対応、HTMLメール配信、FTP機能が加わり、ビジネスコースは20ユーザーまで使用できる。利用料は、エントリーが初年度無料で2年目以降が月額480円、プロは月額2980円か年間2万9760円、プロは月額9800円か年間9万8000円。キャンペーンはプロを年間2万3760円、ビジネスを同8万6400円にする。料金はすべて税別。

デジタルステージ
http://www.digitalstage.jp/

BiND Cloud
http://bindcloud.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]