不正アクセス とは 意味/解説/説明

用語「不正アクセス」が使われている記事の一覧

全 7 記事中 1 ~ 7 を表示中

ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

ECサイトのカード情報は原則非保持へ、保有する場合はPCIDSSへの準拠を推進

経済産業省2018年3月までに、カードのEC加盟店などに対し、非保持化などを推進する安全対策を強化する
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2016/3/3 7:0095727
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

東急ハンズの通販サイトに不正アクセス、カード情報含む861件の顧客情報が漏えいか

原因は、「ハンズ・ギャラリー マーケット」のシステムの一部のぜい弱性を突いた不正アクセスという
瀧川 正実(ネットショップ担当者フォーラム)2016/10/3 7:00173011

JINSオンラインショップに再び不正アクセス、個人情報118万件が閲覧可能状態に

原因は「Apache Struts2」の脆弱(ぜいじゃく)性に起因する不正アクセス、EC関連ではその脆弱性を突かれる被害が広がっている
渡部 和章(ライトプロ株式会社 代表取締役)2017/3/27 7:3624203

トレンドマイクロ、2013年第2四半期に日本と世界で確認したセキュリティ動向を発表

日本では「サーバ」と「人」の脆弱性を利用した攻撃が脅威として明確に現れる
岩佐 義人(Web担 編集部)2013/8/21 23:4210171

不正アクセスによる情報漏えいやなりすましによる不正ログイン事件が引き続き発生

IIJのレポート「Internet Infrastructure Review」Vol.27、1~3月の出来事を解説
山川 健(Web担 編集部)2015/5/27 20:0415190

[ EC事業者事例あり ] 広告運用者の99%が見落とす不正クリックの実態。広告予算月額200万円から効果が出るアドフラウド対策

広告予算が月額200万円以上であれば一定の効果を見込める不正対策ですが、広告改善施策としてはあまり知られていません。今回はEC事業者の事例を元に不正クリックの実態をご紹介します。
橋本 / Spider AF2021/8/4 11:14010

【 Webセキュリティ】最前線の攻防トレンド 

Webセキュリティの「今」が分かる!プロフェッショナルの言葉から2018のトレンドを探る
株式会社サムライズ2018/6/18 15:03140
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]