ネット担当者フォーラム
ネットショップ担当者フォーラム 特選記事

東急ハンズの通販サイトに不正アクセス、カード情報含む861件の顧客情報が漏えいか

原因は、「ハンズ・ギャラリー マーケット」のシステムの一部のぜい弱性を突いた不正アクセスという

この記事は、姉妹サイトネットショップ担当者フォーラムで公開された記事をWeb担当者Forumに転載したものです。

東急ハンズは9月30日、手作り作品のECサイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」が第三者による不正アクセスを受け、クレジットカード決済を利用した顧客の情報など861件が漏えいした可能性があると発表した。

流出した可能性があるのは、2016年1月4日~9月9日の期間中、「ハンズ・ギャラリー マーケット」で商品を購入した顧客の個人情報。

カード情報(カード番号、有効期限)が漏えいした可能性があるのは529件。カード決済以外で購入した顧客情報では、氏名や電話番号、氏名などが漏えいした可能性があり、対象は332件。

原因は、「ハンズ・ギャラリー マーケット」の一部システムにぜい弱性があり、そこを不正アクセスによって攻撃された可能性があるという。

東急ハンズの通販サイト「ハンズ・ギャラリー マーケット」に不正アクセス、カード情報含む861件の顧客情報が漏えいか

9/30現在、サイトの運営は停止している(画像は編集部がキャプチャ)

9月9日に一部のクレジットカード会社から、通販サイトを利用した顧客のカード情報が流出した可能性について連絡があり、「ハンズ・ギャラリー マーケット」、主力通販サイト「東急ハンズネットストア」、「アートメーター」の運営を停止した。

社内で対策本部を設置し、第三者調査機関による調査を始めた。9月26日に調査機関の調査が完了、流出によって一部顧客のカード情報が不正利用された可能性があることを確認した。

なお、「ハンズ・ギャラリー マーケット」以外の「東急ハンズネットストア」「アートメーター」では同様の事案は発生していないことを確認したという。

東急ハンズでは、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策、監視体制を強化するなどして再発防止を図っていくという。

改修後の「ハンズ・ギャラリー マーケット」の再開日は、決定後にお知らせするという。「アートメーター」「東急ハンズネットストア」の運営は再開している。

オリジナル記事はこちら:東急ハンズの通販サイトに不正アクセス、カード情報含む861件の顧客情報が漏えいか(2016/09/30)

ネットショップ担当者フォーラムについて

ネットショップ担当者フォーラムでは、ECサイトを運営する企業の経営者や運営担当者、制作者が語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題が解決できる”を目指したメディア運営をしています。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet30はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]