CJ-LINX、中国最大のネット通販サイト「淘宝網(タオバオ)」への出店代行サービス開始

日本の中小企業向けに出店手続きから店舗運営まで包括的にサポート

日本企業の中国進出支援事業を展開するCJ-LINXは、中国最大とされるネット通販サイト「淘宝網(タオバオ)」への出店代行サービスを7月6日始めた、と同日発表した。日本の中小企業向けに、出店手続きから店舗の運営までを包括的にサポートする。淘宝網に出店する日本企業も出始めているが、決済は中国国内のみで商品登録も中国語のため、中小企業の単独出店は難しいことから、支援することにした。

出店手続き、翻訳を含む商品登録を行う「開店まで」が30万円から、店舗運営、プロモーションの「運営」が契約期間6ヵ月以上で月額2万5000円から。CJ-LINXが展開している情報サイトを通して中国での顧客開拓も実施する。月平均で10社程度支援する予定。淘宝網は会員数1億4500万人、1日平均7億ページビューの巨大通販サイト。

CJ-LINX
http://www.cj-linx.com/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]