はじめての中国EC “どうすりゃいいんだ?”指南

中国の消費者から信頼を勝ち得ろ! | はじめての中国EC#5

どうやら今の中国は、物価は安いものの不動産バブルで実店舗は厳しいようだ

ページ

はじめての中国EC “どうすりゃいいんだ?”指南
日本のEC担当者さんが、中国人向けECを立ち上げ、実現し、成功に導くために必要な知識を、
架空のアパレルメーカー「リラアパレル社」を舞台にしたマンガ登場人物紹介)と、
中国ECを豊富にてがけたセールス・インチャイナ株式会社のスタッフによる解説の2本立てでお届けします。

前回までのあらすじ前回を見る

中国向けECの立ち上げを担当することになった、女性カジュアルアパレル中堅メーカー「リラアパレル社」の長谷川 佳子。現地を知るために中国を訪れ、現地で知り合った中国ECの人々から、佳子はさらにいろんなことを教えてもらう。どうやら今の中国は、物価は安いものの不動産バブルで実店舗は厳しいようだ。そして、セイとルルの会社に到着した桂子は……

ここから始まります
セイとルルの会社に到着した桂子は2人に連れられ中へと入っていった
――であるからして――企業としては――なので――こちらに進出――で、――ここでは――
桂子「日本語? 話している人達って日本人?」
セイ「今はECだけじゃなくて色々な業界から日経企業が中国に進出しているの」
ルル「進出するんだったら早くしないとライバル企業に追いてかれちゃうわよー」ふふふ
桂子「もしかしてこっち来るの結構遅かった? いやまだ大丈夫なはずだ!
ってあれ? あの顔… 愛ちゃん? 保くん?」

ページ

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]