海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」が「ECMS Express」の導入エリアをマレーシア、オーストラリアに拡大 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2024年5月15日(水) 09:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」が「ECMS Express」の導入エリアをマレーシア、オーストラリアに拡大」 からご覧ください。

BEENOSの連結子会社であるtensoは、海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」において、配送サービス「ECMS Express」の配送可能エリアをオーストラリア、マレーシアに拡大した。

オーストラリア1731円、マレーシア930円~商品を配送
Buyee BEENOS 配送サービス「ECMS Express」の配送可能エリアをオーストラリア、マレーシアに拡大 国際配送「Buyee」において、配送サービス「ECMS Express」の配送可能エリアを拡大

「Buyee」では「ECMS Express」の独自プランがあり、重量増加に伴う料金の上昇幅が小さいことが特徴。30kg以下、最長辺105cm、3辺合計170cm以下のサイズまで配送できるプランで、規定サイズ内で重さのある商品ほど配送料がお得になる仕組み。1.5kg~30kgまでの荷物では同一重量内で最安値の価格となり、届日数はオーストラリアまで5~10日、マレーシアまで7~11日が目安となる。

Buyee BEENOS 配送サービス「ECMS Express」の参考配送料 国際配送オーストラリア、マレーシアへの「ECMS Express」の参考配送料

「Buyee」において、オーストラリア、マレーシアは購入上位国という。また、アメリカ合衆国国際貿易局によると、マレーシアの消費者が注目する主要な海外市場として日本をあげている。

こうした背景から、従来までの配送可能エリアである米国、韓国、香港、台湾、シンガポールに、オーストラリア、マレーシアを追加。購入商品の配達までに「早さ」「料金」を重視するニーズに合わせた送料の選択肢を拡充することによるユーザーの購入利便性向上や、両地域における日本国内企業の流通拡大に貢献することをめざす。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」が「ECMS Express」の導入エリアをマレーシア、オーストラリアに拡大
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キャッシュ
一度利用したデータなどを、その後また使う場合に高速にアクセスできるような形で保存 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]