物価高騰を感じている人は約8割、家計の見直しを検討もしくはしているは約7割 | ネットショップ担当者フォーラム

このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「物価高騰を感じている人は約8割、家計の見直しを検討もしくはしているは約7割」 からご覧ください。

エイチームのグループのエイチームライフデザインが実施した「物価の高騰」に関する調査によると、1年前と比べて物価が上昇していると感じている割合は約8割に達し、約7割が家計の見直しを検討、もしくは見直しを進めている。

「1年前と比べて物価が上昇していると感じるか」と聞いたところ、78.1%が物価の上昇を感じていると回答。値上げを感じる商品として、1位は「食料品」で81.6%、「灯油・ガソリン」が62.5%、「電気料金」が49.6%で続いた。

エイチームのグループのエイチームライフデザインが実施した「物価の高騰」に関する調査値上げしたと感じる商品

「食料品」で特に値上げをしたと感じるモノの第1位は「小麦粉」で20.5%。第2位は「食パン・菓子パン」、第3位が「食用油」だった。

エイチームのグループのエイチームライフデザインが実施した「物価の高騰」に関する調査食品で値上げしたと感じる食料品

物価上昇を受けて、家計の見直しの検討、もしくは見直しを行ったか聞いたところ、「検討している」が54.2%、「見直した」が20%、「見直す予定はない」が25.7%で、全体の74.2%が検討している・見直したと回答した。

エイチームのグループのエイチームライフデザインが実施した「物価の高騰」に関する調査家計の見直しについて

家計の見直しを検討もしくは行った項目の第1位「食費」で70.3%。「電気代」が41.2%、「通信費」が39.7%で続いた。

エイチームのグループのエイチームライフデザインが実施した「物価の高騰」に関する調査見直しを検討もしくはする項目

実際に最も節約できた項目を聞いたところ、第1位は「食費」、第2位が「通信費」、第3位が「被服費」だった。

エイチームのグループのエイチームライフデザインが実施した「物価の高騰」に関する調査節約できた項目
調査概要
  • 調査方法:引越し比較・予約サイト「引越し侍」の利用者
  • 調査人数:1650人
  • 調査期間:2022年5月12日~6月8日
  • 調査エリア:全国

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム - 通販・ECの業界最新ニュースと実務に役立つ実践的な解説」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:物価高騰を感じている人は約8割、家計の見直しを検討もしくはしているは約7割
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]