動画広告の「ABCDフレームワーク」 | インターネット広告のひみつ - ブログ

このページは、外部サイト インターネット広告のひみつ - ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「動画広告の「ABCDフレームワーク」」 からご覧ください。
グーグルによると、ユーチューブなどのビデオ広告には次のABCDの要素が必要。
------------------------------
Attract(引き付ける):視聴者の関心を引き込む
Brand(ブランド):視聴者にブランドを認知してもらう
Connect(つながる):ブランドストーリーと視聴者の感情を結び付ける
Direct(誘導する):ブランドが望むアクションを視聴者に対して明確に提示する
------------------------------
詳細は次の通り。
------------------------------
YouTube Guidelines for Great Creative
https://www.thinkwithgoogle.com/features/youtube-playbook/topic/great-creative/
ABCDフレームワーク
https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/articles/video/japan-youtube-leaderboard-insight-2020/
------------------------------
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]