Googlebot のユーザー エージェントの更新 | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Googlebot のユーザー エージェントの更新」 からご覧ください。

今年の Google I/O で発表したように、Googlebot では Chrome ベースのブラウザを使用してウェブページのレンダリングを行います。さらに、2019 年 12 月には、新バージョンのブラウザに対応する形で Googlebot のユーザー エージェント文字列を更新します。また、それ以降も Googlebot での Chrome の更新に合わせて、バージョン番号を定期的に更新します。

ユーザー エージェント文字列とレンダリングの背景情報については、Google クローラ(ユーザー エージェント)Google が JavaScript をインデックスに登録できるようにするをご覧ください。

現在の Googlebot ユーザー エージェント

モバイル:

Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; Nexus 5X Build/MMB29P) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/41.0.2272.96 Mobile Safari/537.36 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

パソコン:

Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

または

Mozilla/5.0 AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko; compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html) Safari/537.36

最新の Googlebot とユーザー エージェント

12 月には、Googlebot で使用されている Chrome のバージョンを反映させるために、上記のユーザー エージェント文字列の定期的な更新を開始します。次のユーザー エージェント文字列では、「W.X.Y.Z」が、使用している Chrome のバージョンに置き換えられます。たとえば、「W.X.Y.Z」が「76.0.3809.100」のようになります。このバージョン番号は定期的に更新されます。

モバイル:

Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; Nexus 5X Build/MMB29P) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/W.X.Y.Z Mobile Safari/537.36 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

パソコン:

Mozilla/5.0 (compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html)

または

Mozilla/5.0 AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko; compatible; Googlebot/2.1; +http://www.google.com/bot.html) Chrome/W.X.Y.Z Safari/537.36

サイトをテストする方法

評価を実施した結果、この変更はほとんどのウェブサイトに影響しないことがわかっています。

Google が推奨するように、ユーザー エージェント スニッフィングではなく機能検出とプログレッシブ エンハンスメントを使用しているサイトであれば、変更は不要です。

特定のユーザー エージェントを探索しているサイトでは、影響が生じている可能性があります。ユーザー エージェント スニッフィングではなく、機能検出を使用してください。機能検出を使用できず、ユーザー エージェント経由で Googlebot を検出する必要がある場合は、ユーザー エージェント内で「Googlebot」を探してください。

この変更の評価中に見つかった一般的な問題としては、たとえば次のものがあります。

  • 通常のページ コンテンツではなくエラー メッセージがページに表示される。たとえば、特定のページで Googlebot が広告ブロッカーを使用するユーザーであると見なされ、ページ コンテンツへのアクセスが誤って禁止される場合があります。
  • クロールをブロックしたドキュメントまたは noindex を使用したドキュメントにページがリダイレクトされる。

サイトに影響が生じているか不明な場合は、新しい Googlebot ユーザー エージェントを使用して、ブラウザにウェブページを読み込んでみてください。Chrome でユーザー エージェントをオーバーライドする方法については、こちらの手順をご覧ください。

ご質問がある場合は、ウェブマスター ヘルプ コミュニティに問い合わせるか、YouTube のウェブマスター オフィスアワーに参加してください。または、こちらの Twitter をフォローしてください。

Posted by Zoe Clifford, Software Engineer in the Web Rendering Service team
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス