ユーザーからのフィードバックが Search Console の改善に役立ちました | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ユーザーからのフィードバックが Search Console の改善に役立ちました」 からご覧ください。

新しい Search Console のベータ版が、いよいよ本格稼働しました。Google ではこれまで、皆様からのさまざまなフィードバックに耳を傾け、ユーザーの声をデザインに反映するための新たな方法を模索してきました。今回の新しいリリースでは、当初はユーザーの主要な目標をサポートする機能の構築に注力してきましたが、今後数か月は機能の拡張を進めていく予定です。UI にマテリアル デザインを採用するなど長らく期待されてきた変更点もある一方で、多くの機能は、Search Console ユーザーである皆様に継続的にご協力いただいた結果、実現したものです。

ユーザーのご意見を伺うにあたっては、主に次の 3 種類のコミュニケーション チャネルを利用してきました。

  • ヘルプ フォーラムのトップレベル ユーザー - ウェブマスター ヘルプ フォーラムトップレベル ユーザーの方々には、フォーラムに投稿されたトピックを提起するという重要な役割を担っていただいています。トップレベル ユーザーは、Google の検索チームと定期的にコミュニケーションをとり、Search Console ユーザーという大規模なコミュニティを支える存在です。
  • オープン フィードバック - 従来の Search Console についてのフィードバック コメントを分析し、ご要望が特に多かったリクエストを特定しました。このフィードバックは、Search Console の [フィードバックを送信] ボタンをクリックして送信できます。このフィードバックにより、昨年多く寄せられた「検索アナリティクス(検索パフォーマンス)レポートで 90 日以上のデータを見たい」というリクエストについて、その詳しい理由を把握することができました。前年の同時期との比較が必要だということがわかったため、16 か月分のデータを利用できるようにしたその決断が正しかったことを確認できました。
  • Search Console パネル - 昨年新たに構成されたコミュニケーション チャネルです。あらゆる規模のウェブサイトから Search Console ユーザーを無作為に 400 人選び、1 つのグループとしてご協力いただいています。このパネルのメンバーは年間を通して、サーベイによる新しいコンセプトの検証からインタビューやユーザビリティ テストに至るまで、ほぼすべてのデザインの試行錯誤の過程に参加してきました。Search Console パネルメンバーの皆様には、仮説検証からデザインを改良するまでに役立つ有益なフィードバックを提供していただいています。

こうした取り組みの一環として行ったもののひとつが、検索パフォーマンス レポートについて新しく提案されたデザインのテストです。具体的な目的は、「比較」機能と「フィルタ」機能の使い方がわかりやすいかどうかを確認することでした。できるだけリアルに感じられるテストにするため、実際のデータに接続した本物に近いプロトタイプを使用しました。このプロトタイプでは、本番用コードが 1 行も記述されていない状態でも、テスト参加者が自由にユーザー インターフェースを操作できるようにしました。

このテストでは、「比較」機能が見落とされることが多いことがわかりました。そこで、[新規] チップをクリックすると開く統合されたダイアログ ボックスに「フィルタ」と「比較」が表示されるデザインに変更しました。このデザインに加えて他のデザインについても、ユーザビリティや利便性を最適化できるよう引き続きテストを行いました。

ユーザーからのフィードバックは、実際のデザインの細部だけでなく、構成に関する判断にも取り入れています。たとえば、ユーザーのフィードバックを基に、Search Console の中心となる情報アーキテクチャを大きく変更した結果、新しい Search Console 内のナビゲーションやプロダクトの構成も大きく変わりました。エラーに関するレポートとインデックス カバレッジレポートは当初は別々であったため、同じエラーが複数検出されてしまいました。これらのレポートを 1 つにまとめて包括的に把握できるようにしたのも、ユーザーのフィードバックを受けた結果です。

公開日が近づくにつれて、さらに大規模なテストをいくつか実施しました。30,000 人のユーザーを対象に、新しい Search Console の一部のレポートと既存のレポートを比較する A/B テストを行いました。問題の修正率を記録して、新しい Search Console の方が良好な結果をもたらすことを確認し、テストについて調べるためフォローアップのアンケートを送信しました。この最新のフィードバックから、エクスポート機能が、単にあると便利というよりむしろ多くのユーザーにとって欠かせない機能であることがわかりました。また、最初のリリースで詳細なヘルプページを用意するという点でも、フィードバックが役立ちました。

新しい Search Console は、現在すべてのサイトでご利用いただけるようになっています。Google では、Search Console のフィードバック ボタンやユーザーパネルなどの手段を通じてご協力いただきながらデザインを進めることを重視しています。最良のプロダクトを作ることができるのは、ユーザーの皆様のおかげです。

新しい Search Console を試してみる

新しい Search Console は、まだ完成したわけではありません。今後取り入れてほしいという機能がありましたら、ぜひ Search Console 上のフィードバックボタンからお知らせください。皆様からのフィードバック、お待ちしています!

Posted by the Search Console UX team
Original version: Official Google Webmaster Central Blog: How listening to our users helped us build a better Search Console
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]