新しい Search Console をご紹介します | Google ウェブマスター向け公式ブログ

このページは、外部サイト Google ウェブマスター向け公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「新しい Search Console をご紹介します」 からご覧ください。
数か月前、一部の方を対象に新しい Search Console のベータ版のユーザテストを開始したことをアナウンスしました。そしてこの度、Search Console のすべてのユーザーのみなさまにこのベータ版をご利用いただけるようになりましたことをお知らせします。どなたでも Google 検索上のウェブサイトの掲載状況を最適化する、よりシンプルになったこのプロセスを試すことができるようになります。新しい機能には、検索パフォーマンスインデックス カバレッジAMP ステータス、および Job Posting のレポートが含まれます。新しい Search Console をご利用いただく準備ができましたら、メッセージをお送りし、お知らせします。

Google は、みなさんが日々利用されており、最も人気のある機能を中心に新しい Search Console に追加することからはじめました。この機能追加はまだ完了していないため、今後も引き続き新しい Search Console(ベータ版)では従来の Search Console の機能を追加していく予定です。新しい Search Console が完成するまで、両方のバージョンを並行して提供します。この両バージョンはナビゲーションバーのリンクを介して簡単に行き来できるため、みなさんは両方のバージョンを使用できます。

新しい Search Console は、ゼロからの再構築となりました。これは、可能な限り実用性のあるインサイトをユーザーに提供し、それらに沿ったガイドを行うことで、あらゆる未解決の問題をユーザー自身が解決できるような相互に作用する問題解決モデルを構築するためです。社内のコラボレーションをシンプルにするために、ご自身の組織内でレポートを共有する機能も追加しました。


検索パフォーマンス レポート: 16 か月分のデータをご利用いただけます!

もしあなたが検索アナリティクスを日頃からご利用いただいているなら、新しい検索パフォーマンス レポートもきっと気にいるでしょう。検索アナリティクスでより長い期間のデータが見たい、という機能を待ち望んでいた方も多いと思います。新しいレポートでは、長期的な傾向をより簡単に分析し、前年度の比較を可能にするために、16 か月分のデータをご利用いただけます。近い将来、このデータは Search Console API(英語) 経由でも利用可能になります。


インデックス カバレッジ : Google のインデックスの包括的なレポート

新しくなったインデックス カバレッジ レポートでは、あなたのウェブサイトの URL のインデックス状況を確認することができます。正しくインデックス登録されている URL、潜在的な問題に関する警告、Google がいくつかの URL のインデックスを作成していない理由などを表示します。このレポートは、新しい問題が検出されたときに警告を出したり、修正状況を管理しやすくするなど問題の解決状況をトラッキングする新機能に基づいて構築されています。

それらはどのように機能するのでしょうか。
  1. 問題の原因を調べていくと、URL のサンプルが表示されます。エラーが発生している URL をクリックすると、ページの詳細が表示され、問題の原因を把握するのに役立つ診断ツールへのリンクが表示されます。
  2. 検索の問題を解決するには、社内の複数のチームが関与することがよくあります。適切な人が現在のステータスやそこに発生している情報にアクセスできるようにすることは、サイトをすばやく改善する上で重要です。新しい Search Console のほとんどのレポートでは、レポートの上部にある [共有] ボタンを使用して、レポートに共有可能なリンクを作成できます。問題が解決されたら、共有を簡単に無効にすることができます。
  3. 新しい Search Console は、問題が解決したことをユーザー自身が確認するのに役立つだけでなく、それに従って Google がインデックスを更新するのにも役立ちます。これを行うには、報告されている問題を選択し、[修正を検証] をクリックします。Google は、影響を受けた URL を優先度を上げてクロール・再処理し、サイトの問題をこれまで以上に迅速に解決することに役立ちます。
  4. インデックス カバレッジ レポートは、サイトマップ ファイルを送信しているサイトに最適です。サイトマップ ファイルは、検索エンジンに新しい URL や更新された URL を知らせるのに適した方法です。サイトマップ ファイルを送信することで、インデックス カバレッジ データにサイトマップ フィルタを使用できるようになり、URL の正確なリストに絞ることができます。

検索機能の拡張 : AMP および Job Posting ページを改善する新しい Search Console は、AMP や Job Postings などの検索機能の実装支援も目的としています。これらのレポートは、Google がこれらのトピックについて特定したエラーと警告の詳細を提供します。インデックス カバレッジ レポートでご紹介した機能に加えて、2 つの追加機能を備えたレポートを追加しました。
  • 最初の機能は、問題を修正するプロセスでより速いフィードバックを提供することを目的としています。これは、[修正を検証] ボタンをクリックすると、いくつかの瞬間的なテストを実行することによって実現されます。あなたのページがこのテストに合格しなかった場合は、すぐに通知します。それ以外の場合は、影響を受けたページを再処理します。
  • 2 番目の新機能は、検証処理中に肯定的なフィードバックを提供することを目的とし、(検証に失敗した URL または保留中の URL に加えて)修正済みと認識された URL のリストを提供するよう検証ログの項目を拡張します。

AMP レポートと同様に、新しい Search Console は Job Posting レポートを提供します。あなたのウェブサイトに求人情報を掲載している場合は、Google for Jobs (現時点では特定の地域でのみ利用可能)で求人情報を直接表示することができます。


フィードバックをお待ちしています信頼できる熱心なベータテスターからのフィードバックがなければ、このような改善をすることはできませんでした(フィードバックがどのように Search Console の改善に役立ったのかについては今後またお伝えする予定です)。もちろん、みなさんからのフィードバックも同様に重要だと考えています。混乱を招くものや間違っているものを発見した場合、または本当に気に入った機能がある場合は、サイドバーのフィードバック機能を通じてお知らせください。また、新しい Search Console のモバイル対応については今後対応予定です。

最後に、新しい Search Console のテストユーザーから最近寄せられた励ましのコメントを共有してこのブログの締めくくりとしたいと思います。

「新しい Search Console はシンプルでよく練られており、これまでそうなって欲しいと期待していたような UX となりました。修正の検証を実行したり、結果を電子メールで受け取ることもできます。それらは弊社サイトのページに影響を与えた厄介な AMP のエラーと警告の修正に大いに役立ちました。何より、検索アナリティクス レポートのデータの参照範囲は現在 16 ヶ月分にまで及んでおり、これは弊社の業務において大きな変革をもたらしました」 -  Noah Szubski, Chief Product Officer, DailyMail.com

ご不明な点などございましたら、お気軽にウェブマスター ヘルプ フォーラムでお知らせください。

Posted by John Mueller, Ofir Roval and Hillel Maoz
Original version: Official Google Webmaster Central Blog: Introducing the new Search Console
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]