LINE@の通販サイト利用などが急増、EC企業や個人への解放後1か月で新規開設が10万件増加 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2015年3月18日(水) 13:30
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「LINE@の通販サイト利用などが急増、EC企業や個人への解放後1か月で新規開設が10万件増加 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム」 からご覧ください。
従来メルマガで行っていたキャンペーン訴求と同等の売り上げを記録した事例もある

LINEは3月17日、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」を通じて提供するビジネスアカウント「LINE@(ラインアット)」のアカウント開設数が24万件を突破したと発表した。2月に実施したECサイトなどへのアカウント解放後、約1か月で約10万件が新たに新規開設。ECサイトや個人のアカウント開設が急増した。

EC事業者や個人も「LINE@」を利用できるように刷新したは2月12日。投稿に通販サイトへのリンクを掲載し、「LINE@」でつながったユーザーを自社のECサイトに誘導することなどが可能になった。

2月11日時点のアカウント開設数は約14万件だったが、EC事業者などへの解放以降、3月12日までの1か月間で約10万件の新規開設があった。EC事業者や個人のアカウント開設が急増した格好だ。

LINE@のアカウント開設推移「LINE@」オープン化後のカテゴリ別アカウント開設割合は、「小売・飲食業などのローカルビジネス・EC」が53%を占める。次いで個人が28%。

LINE@オープン化後のカテゴリ別アカウント開設割合スイーツ販売EC事業者が「LINE@」で、限定キャンペーンのメッセージを配信したところ、アカウントを友だち登録しているユーザーの68%が、記載したURLからキャンペーンページに移動。開設数週間のアカウントによる1度の配信で、従来メルマガで行っていたキャンペーン訴求と同等の売り上げを記録した事例もあるという。

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:LINE@の通販サイト利用などが急増、EC企業や個人への解放後1か月で新規開設が10万件増加 | ニュース | ネットショップ担当者フォーラム
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

瀧川 正実
ネットショップ担当者フォーラム編集部 デスク

通販、ECに関する業界新聞の編集記者を経て、EC支援会社で新規事業の立ち上げなどに携わり、EC業界に関わること約8年。まだまだ、日々勉強中。

記事カテゴリー: 
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]