Facebookのビジネス活用 パート 1: ソーシャルウェブに相応しいブランドページの作り方 | SEO Japan

SEO Japan - 2010年11月12日(金) 22:03
このページは、外部サイト SEO Japan の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「Facebookのビジネス活用 パート 1: ソーシャルウェブに相応しいブランドページの作り方」 からご覧ください。
ブライアン・ソリスからソーシャルメディアの効果的な活用方法を考えている企業の方にはタイムリーな話題を。Facebookのファンページが企業にも利用者にも爆発的にヒットしている状況の中、Facebookの日本進出、Mixiの企業公式ページ開設を前に、学べることは学んでおきたい! — SEO Japan フェイスブックは現時点で世界で最も重要なソーシャルネットワークと言っても過言ではない。5億人を超えるユーザーが「ソーシャルネットワーク」のなかでつながっているのだ。そして、オープングラフの導入によって、自分の好きなウェブサイトで知り合いのユーザーと交流を行うことが可能になった。この場所で、ソーシャルグラフ、そして、Like、交流、およびコメント投稿に付随するアクティビティが、ソーシャルなキュレーション、そして、注目の集中の中核を担うようになるのだ。私たちはソーシャルネットワークを利用し、公開した状態で、共有、発見、そして、協力する方法を学んでいる。 ブランドは、サイズや焦点の違いに関わらず、フェイスブックに集まっており、顧客および顧客候補の人々とつながると言う考えは、新たな領域で関連性を手に入れる上で、そして、全体的な接触範囲を拡大する上でプラスに働くだろう。フェイスブックは口コミを奨励しており、通常の事業の終焉、そして、ソーシャルコマースの開始を導く。事実、フェイスブックを利用するトップ10のブランドは1億以上の「Like」を獲得している 。 ユーザー数を基にしたトップ10のブランド(端数は省略) 1. Starbucks – 1600万 2. Coca-Cola – 1500万 3. Oreo – 1200万 4. Skittles – 1150万 5. Red Bull – 1020万 6. Victoria’s Secret – 840万 7. Disney – 830万 8. Converse All Star – 730万 9. iTunes – 700万 10. Windows Live Messenger – 680万 とは言ったものの… [...]
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]