【分析できるシート付】Twitterアナリティクスの使い方と5つの目的別で考える目標にすべき指標まとめ

今回は Twitter 分析の必要性と基本的なアナリティクスの使用方法を紹介します。さらに簡単にデータ分析ができるスプレッドシートも用意しました!Twitter アナリティクスとは、ツイートへの反応(例:いいね、リツイート)数などを無料で見ることができるツールです。振り返りに多くの時間を割けないというお悩みは多くあるかと思います。そんなTwitter担当の方の手助けになれば嬉しいです。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Twitter で情報を発信することが目的になっていませんか?発信しっぱなしになっていませんか?

忙しいマーケターや広告運用者、SNS 担当者の方にとって、振り返りにあまり多くの時間を割けないのが本音ではないかなと思います。もちろんやらなきゃいけない!とはわかっているんですよね・・・。

今回はそんなお悩みを抱える方に Twitter 分析の必要性と基本的なアナリティクスの使用方法を紹介し、最後には誰でも簡単にデータ分析ができるスプレッドシートも用意しました!コピーしてお使いください。

※分析用シートは記事内よりダウンロード可能です。

全 Twitter 中の人の手助けになる記事になれば良いなーという想いでこの記事を執筆しました。是非ご活用ください。

Twitterアナリティクスとは

Twitter アナリティクスとは、ツイートの表示回数やいいねやリツイート、リンククリックなどの反応数などを無料で見ることができるツールです。

Twitter アナリティクスホーム画面

Twitter は SNS の中でも拡散性が高く、フォロワーやフォロワー外からの反響がオーガニック/広告運用の鍵になってきます。

日頃メディア運営に携わり Twitter を用いてコンテンツを拡散したり、広告運用で Twitter 広告を配信したりする方にとって使いこなしたいツールの一つです。

アナリティクスの見方とホーム画面の紹介

Google アナリティクスはなんとなく見たことはあるけど、Twitter アナリティクスはちょっと見慣れないという方でもわかるように、ホーム画面の詳細と使われている言葉の意味をまずは說明します。

Twitter アナリティクスはログイン状態で、プロフィールの下にある「もっと見る」から「アナリティクス」を選択することで見ることができます。

Twitter ホーム画面
Twitter アナリティクスホーム画面

Twitter アナリティクスは大きく分けて3つのページがあります。「ホーム」「ツイート」「詳細」です。それぞれの役割を簡単にまとめたのが以下の表です。

ページ名詳細
ホーム・過去28日のパフォーマンスでは、アカウントの直近のデータを数字とパーセンテージで確認できます。
・月ごとの、トップツイート、トップ@ツイート、トップフォロワー、トップのメディアツイート、ツイート数、プロフィールへのアクセス、新しいフォロワ-、ツイートインプレッション、@ツイートが数値化されています。
ツイート・ホームで見ていた月ごとのデータをより詳しく見ることができるのがツイートページです。
・期間は過去28日間以外に、自由に期間を定めて過去のツイートを分析できます。
・ツイートがどれだけ表示されたかわかるインプレッション数やユーザーがツイートに反応した回数や割合もここで確認することができます。
詳細・動画とコンバージョントラッキングという項目があります。
・動画では、動画付きのツイートの再生回数や再生率、再生時間を確認できます。ツイート同様期間を絞ってデータを見ることもできます。
・コンバージョントラッキングでは、事前に自社サイトにタグを埋め込むことで、ツイートからのアクセス解析が可能になります。

全体感を知りたいときはホームをさっと見る程度で問題ありませんが、SNS 担当者や広告を運用する方の場合、見るべきは「ツイート」のページです。ツイートのページでは1ツイートごとのデータを詳しく見ることができます。

まずはデータを見る際に覚えておきたい用語を以下にまとめました。最初は覚えられないと思うので、この表と照らし合わせながら自分が担当するアカウントの数値を見てみましょう。

用語意味
インプレッションユーザーが Twitter 上でツイートを見た数(=表示回数)
タイムラインだけでなく Twitter 検索での表示もカウント
エンゲージメントユーザーの反応数
ツイートへのクリック(ハッシュタグ、リンク、プロフィール画像、ユーザー名、ツイートの詳細表示のクリック)、いいね、リツイート、リプライ、ツイートからのフォローの全てをカウント
エンゲージメント率エンゲージメント数をインプレッション数で割ったもの
トップツイートインプレッションが最も多かったツイート(多い順)
ツイートと返信ツイートとリプライのインプレッションとエンゲージメント、エンゲージメント率(細心の投稿順)
プロモーションTwitter 広告を配信しているアカウントで閲覧可能
オーガニックでの数値と広告での数値をわけて記載

まずは用語の理解をしましょう。単純にインプレッションと言っても、自分のフォロワーがいいねやリツイート、リプライをおこなった結果、フォロワーのフォロワーにも露出されカウントされることもあります。

また、Twitter の検索結果でもインプレッションはカウントされることも頭にいれておきましょう。

エンゲージメントも同じで、いいねやリツイート、リプライのみカウントしているのではないので、数が多いから良いというわけではありません。後に説明する自社の目的にあった数字を追うことが SNS 運用において大切になってきます。

プロモーションでは、広告配信しているアカウントでのみ数値をみることができます。下記は弊社代表滝井が Twitter 広告で実際に配信したときのアナリティクス画面になります。

Twitter 広告を配信しているアカウントでみれるプロモーションの内訳

下の「個のキャンペーンでプロモーションされています」をクリックすると、オーガニックと広告のエンゲージメント内訳を確認することができます。

Twitter アナリティクス:ツイートアクティビティ

スマホからもツイートごとの数値は見れる

スマートフォンからもツイートごとの数値データ(ツイートアクティビティ)を見ることはできます。

しかし、上記で説明したようなホーム、ツイート、詳細といった分析に役立てることができる「Twitter アナリティクス」は見ることができず、スマートフォンから見られるのは「ツイートアクティビティ」のみです。

スマートフォンからツイートごとの数値データを見る方法は、ツイートの下「ツイートアクティビティを表示」もしくは3本グラフのようなアイコンをクリックします。

モバイルから Twitter アナリティクスを見るとき

遷移先の「すべてのエンゲージメントを表示」をクリックすることで、インプレッションとエンゲージメント数以外の数値データも見ることができます。

モバイルから Twitter アナリティクスを見た画面

パソコンでもホームやツイートページから同様の数値データを見ることができます。スマートフォンからだと簡易的なものだけになってしまうので、あくまで手元ですぐに確認したい時に見るものとして使いましょう。

Twitter を分析する理由と見るべき数値はなにか

ここまで「Twitter アナリティクスの基本のキ」をお伝えしました。よし、これから分析を始めるぞ!と意気込んで早々に始めるのも良いのですが、その前に自社の Twitter アカウントの目的を確認しましょう。それから見るべき数値を決め、分析していきます。

企業が Twitter をやる目的は大きく分けて以下の5つに分類されるかと思います。それぞれ具体的なアカウント例をだして説明していきます。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]