YDNからYahoo!広告 ディスプレイ広告 運用型(YDA)へリニューアル!変更点と最適なキャンペーン構造を押さえよう

2021年春には YDN の提供が終了し、Yahoo!ディスプレイ広告(運用型) へ一括変換されます。本記事では、移行手順や具体的に YDN から何が変わるのかを紹介していきます。一部の広告は YDN からYahoo!ディスプレイ広告(運用型): YDA へ設定内容をそのまま変換できません。YDA で刷新された機能のパフォーマンスを最大限引き出せるように、仕組みを理解して運用していきましょう。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2020年度より順次 Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(以下、YDN)が、Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)(以下、YDA)に移行することになりました。

参考:Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型) スタートガイド

2021年春には YDN の提供が終了し、YDA へ一括変換されます。ただし、一部の広告は YDN から YDA へ設定内容をそのまま変換できないものもあります。YDA とは何なのか、YDN と何が変わるのか、移行にどんな作業が必要なのかを理解し、早めに YDA への移行を完了させましょう。

上記の公式ページではリニューアル後の呼び方が「運用型」となっていますが、この記事ではYDNと比較して「YDA」と表記します。

Yahoo!広告のリニューアル

Yahoo! JAPAN が提供する3つの広告プロダクト、「スポンサードサーチ」「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」「Yahoo!プレミアム広告」が統合され、「Yahoo!広告」に名称を変更するという発表がありました。そのリニューアルの第1弾として、YDA の提供が開始されています。

YDA(Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型))とは

簡単に言えば、YDN のリニューアルバージョンです。ディスプレイ広告という基本的な機能はもちろん変わりません。ただし、管理画面が大きく変わったり、一部機能の変更・廃止・追加がありました。

YDN から何が変わるのか

では、具体的に YDN から何が変わるのかを紹介していきます。主に変わるのは以下になります。それぞれ詳しく説明していきます。

  • 管理画面のリニューアル
  • 推奨キャンペーン構造の変更
  • ターゲティングの追加と廃止
  • 既存機能のグレードアップ
  • 配信アルゴリズムの刷新

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]