【2020年版】リスティング広告のアカウント構造の考え方とは?具体例と最新動向まとめ

今回の記事では、リスティング広告のアカウント構造をわかりやすく解説します。現在では機械学習の精度が良く、自動入札の技術が進歩した結果、よりシンプルなアカウント構造が推奨されています。最新の動向を踏まえながら、具体的な考え方や図説を用いた例を紹介しているので、アカウント作成の際にぜひ参考にしてみてください。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

広告運用を始めた時にまずつまずくポイントの一つでもあるアカウント構造は言葉の意味だけでなく、具体的なイメージも一緒に理解する必要があります。

この記事では、初心者でもぐっと理解が深まるようにリスティング広告のアカウント構造をわかりやすく解説します。

シンプルなアカウント構造こそ成果を出すために必要

リスティング広告のアカウント構造の「あり方」については、様々な試行錯誤が繰り返されてきました。

現在では機械学習の精度が良く、自動入札の技術が進歩した結果、よりシンプルなアカウント構造が推奨されるようになりました。

たとえば、Google はデータを効率的に集め、ユーザーに対して適切な広告を配信できるよう、下記のようなアカウント構造を理想としています。

  • ユーザニーズに基づきテーマ別にキャンペーンを分ける
  • デバイスやキーワードのマッチタイプで分けない
  • 日予算や配信地域などのキャンペーンレベルでしか分けられないものを分ける

今回の記事では、こういった最新の動向を踏まえながら、リスティング広告を運用するにあたって基本となるアカウントを形成する要素を一つ一つ解説していきたいと思います。

具体的な考え方や図説を用いた例を紹介するのでアカウント作成の際に参考にしてみてください。

広告アカウントの基本構造と設定する項目

ここからは広告アカウントの基本構造とその中で設定が必要な項目を説明していきます。広告アカウントは以下4つの階層に分かれています。

  1. キャンペーン
  2. 広告グループ
  3. キーワード
  4. 広告

キャンペーンが一番上の階層となり、その中に広告グループ、またその中にキーワードと広告グループが内包されています。各階層ごとに設定する項目があるので、詳しく説明していきます。

アカウント構造のイメージ

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]