検索履歴から広告を配信する「サーチターゲティング」とは?仕組みや掲載先・成果が出る5つの守るべきこと

今回の記事ではYahoo!サーチターゲティングについて定義から設定方法、成果を出すコツを解説します。サーチターゲティングとは、指定したキーワードを検索した人をターゲティングして配信できるディスプレイ広告を指します。検索行動に連動したターゲティングなのでコンバージョンもしっかり獲れてクリック単価が低く収まる YDA 特有の広告メニューです!ぜひ、この機会に配信してみてはいかがでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

インターネット広告には、検索結果画面に広告を配信するリスティング広告や広告枠を設けている Web サイトやアプリ上に掲載できるディスプレイ広告があります。

その中でもユーザーの検索履歴をもとにディスプレイ広告を配信できる、サーチターゲティングの定義から設定方法、成果を出すコツを解説します。

サーチターゲティングとは

サーチターゲティングとは、指定したキーワードを検索した人をターゲティングして配信できるディスプレイ広告を指します。検索した回数やどれぐらい前に検索したかの期間で絞り込み、より確度の高いユーザーのみを対象とすることも可能です。

Yahoo! ディスプレイ広告(通称 YDA、旧 YDN )特有の広告メニューで、参照される検索キーワードデータは Yahoo! JAPAN のものです。「サーチキーワードターゲティング」と呼ばれることもあります。

混同されやすい広告メニューに「サイトリターゲティング」と「リスティング(検索広告)」があります。違いが分かりやすいように表にしてまとめました。

広告メニューターゲティング方法掲載先(表示場所)広告タイプ
サーチターゲティング検索履歴ディスプレイ枠テキストと画像
サイトリターゲティングサイト訪問履歴ディスプレイ枠テキストと画像
リスティング検索キーワード検索結果テキストのみ

このサーチターゲティングとサイトリターゲティングを用いて弊社で広告を配信した結果が以下の表です。

 表示回数クリック数クリック率クリック単価消化金額CV数CV率CPA
サイトリターゲティング4,253,3357,8510.18%¥21¥165,0321431.82%¥1,154
サーチターゲティング146,4036300.43%¥16¥10,26581.27%¥1,283

サイトリターゲティングよりもクリック率は高く、コンバージョンもしっかりと獲得できていることが分かると思います。

広告の掲載先

広告の掲載先は、Yahoo! の提携パートナーサイトやブログといったコンテンツページが掲載先になります。

Yahoo! 提携の COOKPAD に掲載されたディスプレイ広告

他 Yahoo! ディスプレイ広告と同様に、Yahoo! ニュースや Yahoo! 知恵袋などの各種コンテンツページにも掲載可能で、「Yahoo! PC ブランドパネル広告(通称:ブラパネ)」と呼ばれる PC 版の Yahoo!トップページの一番目立つ広告枠に配信することもできます。

なお、ディスプレイ広告になるので、テキストだけでなく画像や写真を使うことができます。アパレルや食品など、テキストよりも視覚要素の強い商品では大きなメリットになるでしょう。

Yahoo! だけでなく Google でも一部利用可

先ほど Yahoo! 特有の広告メニューと言いましたが、Google でも似たような配信をすることが一部可能です。

具体的には「ファインド広告利用時のカスタムインテント」と「 TrueView アクション 利用時のカスタムインテント」の2つです。これらは Google 検索で使用した検索語句に基づいてターゲティングすることができます。

サーチターゲティングのデメリット&メリット

ここからはサーチターゲティングを用いた広告配信におけるデメリットとメリットをご紹介いたします。

記事の続きはこちら

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]