2020年9月以降、Apple safariでSSLの有効期間を短縮する狙いとは

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Webサービスの多様化により、サイバー攻撃からユーザーを保護するためには、Webサイト運営者やWeb開発者がセキュアかつ、確実で安全なWebサイトづくりを意識して行かなければならない中で、常時SSL化(HTTPS)が急務とされていた昨今。

Googleのレポートによれば、2015年3月時点で国内HTTPS の使用状況が(Chrome経由、Windowsの場合)23%だったところ、2020年3月に83%、8月には86%までに普及しているそうです。先行して対応していた諸外国にやっと追い付いてきたのかな、という感じです。

また、個人情報の保護という観点からは、2018年にはGDPR《「EU一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation)》が施工、2020年にはCCPA《「カリフォルニア州消費者プライバシー法」(California Consumer Privacy Act)》の施工で、より一層セキュアでクリーンなWebサイトが求められている、と感じます。

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w010_202007.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]