YouTube広告とは。動画の種類や費用のかかる仕組みから設定方法まで完全網羅

YouTube 広告の基本情報から設定方法までまとめました。キャプチャを用いてわかりやすく解説しているので、本記事を読めばしっかり理解できるかと思います。まだまだ馴染みが薄い広告媒体です。新しいことにチャレンジしたい方!自社の目標とあえばぜひ、ご検討してみてはいかがでしょうか。
よろしければこちらもご覧ください

動画広告と言えば、YouTube 動画の最初に出てくる5秒の短い広告を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ユーザーとして YouTube を利用していると少し厄介と感じるものもしばしば。

しかし、YouTube は 他の動画プラットホームに比べ、ユーザー数が格段に多く利用者層も幅広いため、動画広告を配信するのであれば YouTube 広告を一番に考えるべきです。

今回の記事では YouTube 広告の基本となる、広告フォーマットや課金方式、ターゲティング方法、広告配信するための設定方法までをキャプチャを用いて解説します。

これを読めば YouTube 広告がしっかりと理解できる内容になっているので是非ご覧ください。

動画広告市場とYouTube 利用者数率の増加

近年、右肩上がりな動画広告市場。YouTube や TikTok といったプラットホームの伸びもありますが、広告配信面の増加や広告フォーマットの種類も増え、動画広告のクリエイティブ作成のハードルが下がったことも要因としてあります。

以下は2019年12月にサイバーエージェントが発表した、動画広告の市場調査のデータです。2018年の過去のデータから2023年にかけて予想データもあり、今後も伸びてくる市場であると捉えられます。

動画広告市場の中でも最も注目したいプラットホームは、ユーザーの利用率が高い YouTube です。総務省が2019年に発表した、平成30度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書によると、YouTube の利用率は全世代平均で75.7%となっています。

各世代別に見ると、10代は圧倒的な91.5%という数値になっています。さらに20代から50代をみても70%以上の利用率を保っており、60代でも40.5%が利用しているとのデータがあります。

参考:平成30度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書|総務省

このような背景から今後ますます動画広告、中でも YouTube 広告は、ユーザーへ対して身近になっていくと考えられます。YouTube 広告を始めるにあたって理解しておきたい基本事項を次から紹介していきます。

YouTube 広告には、他の広告媒体と同様に目的やキャンペーン(広告フォーマット)、課金方式、ターゲティング方法があります。YouTube 広告独自のものもあるので、詳しくご説明いたします。

記事の続きはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]