なぜ、「数を打つ」ことが大切なのか?生き残るために必要なこととは?

なぜ、「数を打つ」ことが大切なのか?生き残るために必要なこととは?
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

よく「数を打つ」ことの方が、じっくり考えて慎重に行動するより大切だと言われることがあります。あなた自身も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。もちろん、この法則がすべてにおいて適用できるとは思いませんが、しかし、少なくともビジネスにおいては当てはまるというのが私の考えです。

日本の教育が「数を打つ」を邪魔する

日本の普通の教育を受けてきた人たちにとって、間違えることは恐怖でしかありません。可能な限りしっかりと考えて答えを導き出すことに全力を注ぎます。間違うことは「悪」であり、正解は「善」なのです。間違いが少なかった人が優秀であり、間違いが多い人は優秀じゃない人です。そして、そのことについてほとんどの人は疑うことはしません。社会人になってからも、間違わないように間違わないように注意して考えることを繰り返してきたと思いますが、ビジネスにおいてそのやり方で成功する人はあまり多くありません。それも、皆さんはご存知でしょう。多くの失敗をして、その失敗から学んできた人の方が優秀であることを。しかし、それを知っていても長年染みついた自分のやり方を変えることが出来ずに最終的には失敗しないことばかりを優先してしまい、数を打てなくなるのです。

なぜ正解を求めることがイケないのでしょうか?必ず正しいことがあるはずだと考え、それに向かって真剣に取り組むことは一見正しいように見えますよね?でも、それは違うのです。なぜなら、

続きはこちらから

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]