もう悩まない!メール誤送信してしまった時にやるべき対応!

メール送信で誤送信をしてしまった場合の対応について解説してます!
よろしければこちらもご覧ください

誰もがメールの誤送信を経験したことがあると思います。

 

プライベートなメールはもちろん、ビジネスの場でもよくメールの誤送信を見かけます。私も何度か誤送信してしまったことがありますし、受け取ったこともあります。

 

自分が誤送信したときは焦りテンパってしまいますよね。

 

今回はそんなメールの誤送信をしてしまったときの対応方法を具体的に説明しています。

目次

  • 1、メールを誤送信してしまった時の対応
  • 1.1 上司に相談と報告をする
  • 1.2 誤送信先に謝罪する
  • 1.3 誤送信の影響範囲を調べる
  • 2、謝罪メールのポイント
  • 2.1 時候の挨拶を添えない
  • 2.2 問題が発生した原因を簡潔に伝える
  • 2.3 今後の対策を伝える
  • 3、謝罪メールの文章例
  • 3.1 「件名ミス」の謝罪メール
  • 3.2 「宛先ミス」の謝罪メール
  • 3.3 「本文ミス」の謝罪メール
  • 3.4 「添付ファイルミス」の謝罪メール

メール誤送信してしまった時にやるべき対応と併せて、実際に送る謝罪メールのテンプレートもあればとても助かりますよね。

 

そこで、テンプレートを4パータンご紹介しています。今後、謝罪メールを送る機会ができてしまった場合は是非ご活用ください。

 

続きはこちら↓(全文無料)

【保存版】もう悩まない!メール誤送信してしまった時にやるべき対応!

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]