「フィルターバブル」な時代に必要なマーケティングとは何か?

「フィルターバブル」な時代に必要なマーケティングとは何か?

ご存知の通り、ネット検索の結果は、私たちが過去に閲覧したり検索した内容を優先的に表示させています。検索ワードが同じでも検索結果に表示されるコンテンツは人によって違います。さらに、SNSで「いいね」した内容によっても表示されるコンテンツは人によって違います。

この好みの情報に囲まれる「フィルターバブル」という言葉が広く知られるになったのは、トランプ大統領の選挙の時だと思います。フェイクニュースを一部の人たちが共有し、自分の思想以外の記事に触れることが少なくなったために偏った思想が暴走してしまったのです。

象徴的な事件は、ヒラリークリントン氏が売春組織に関与しているというフェイクニュースを信じて拠点とされたレストランを襲撃してしまう事件がありました。犯人が、このフェイクニュースを信じてしまったのは、クリントン氏を侮辱するようなフェイクニュースに取り囲まれ、まるでそれが事実かのように感じてしまったことが原因ではないかと言われています。

続きはこちらからご覧いただけます。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]