中国人にとって「使い心地の良いサイト」とは何ですか?~ Vol.4~

よろしければこちらもご覧ください

人間の行動、心理は変化しやすいものです。
日進月歩で発展を続けている中国市場では、消費者の関心は非常に速いスピードで移り変わっていきます。
このシリーズでは、読者の皆様に中国市場の現状について消費者の観点から様々な情報をお伝えしていきます。

以前の記事では、近年のオンラインビジネスの目まぐるしい発展によって、中国国内の多くの実店舗がその影響を受け撤退しているということを述べました。このような現状をお伝えすることで、海外の読者の中には不安や疑問を抱く人がいるかもしれません。早速、下記の問題について説明します。

 

・オンラインショップは実店舗型の小売業を超えることができるのか?

2003年5月10日、Taobaoは杭州の湖畔花園(住宅団地名)で設立されました。
オンラインの小売り事業はAlibabaよりも先にeBay、Eachnet(易趣)、卓越(後のアマゾンチャイナ)がすでに始めていました。
1998年、中国福州で現地の生鮮食材を主力した実店舗型の永輝スーパーマーケットが発足しました。
永輝は当時、外資系スーパーマーケットとハイパーマーケットが行っていた服装・日用品・家電を主要商品とする販売方式をやめ、消費者の日常生活に焦点をあてた営業方法を採用しました。特に当時の中国では、生鮮市場はまだライバルが少なく未開拓の分野でした。また生鮮食品ビジネスを実施にするにあたり、現地化を進めるための人材を採用することで、ウォルマートやカルフールなど外資系企業との差別化を図りました徹底して現地化した生鮮食品ビジネスと安定したサプライチェーンの構築により、30%を超える果物と野菜の廃棄率を、永輝は4~5%にまで下げることに成功しました。

2004年、永輝は福建省から重慶に進出し、中国全土への展開の第一歩を踏み出しました。
さらに...

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l010_201811.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]