アリババ、日本から中国へ輸出支援サービス「アリババ チャイナパスポート」を提供開始

中国最大級のECサイト「淘宝網」内に日本製品専門サイトを開設
よろしければこちらもご覧ください

アジア電子商取引のアリババは、日本から中国への輸出に特化した輸出支援サービス「アリババ チャイナパスポート」を提供開始した、と6月1日に発表した。同サービスは、アリババグループの消費者向けECサイト「淘宝網(タオバオ)」の日本製品専門サイト「淘日本(タオジャパン)」を開設、同サイト内で卸売りできる。タオバオは登録会員数約2億人で、中国最大級のECサイト。チャイナパスポートでは製品情報を中国語に翻訳して掲載、中国バイヤーからの問い合わせと回答なども翻訳するため、言葉や貿易実務の壁を感じずに、自社の製品を卸売り可能という。料金は月額5万円(税抜)。契約は一年単位で年間63万円(消費税込)。

アリババ
https://www.alibaba-inc.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]